HOME > 映像情報総覧 > 無人検温・顔認識サーモグラフィー カメラ分離型 BS-K1TA70MI-T(株式会社ビットストロング)

無人検温・顔認識サーモグラフィー カメラ分離型 BS-K1TA70MI-T

株式会社ビットストロング

無人検温・顔認識サーモグラフィー カメラ分離型 BS-K1TA70MI-T

この製品の詳細情報はこちら

新型コロナウイルス感染の検査にも最適!測温範囲30〜45℃のレンジで測温誤差わずか±0.5℃の高精度。さらに顔認識AI搭載で顔の温度だけを検出可能!

人手がいらず測温完結できる無人検温に最適です。他の機器との連携が不要なので来客者のプライバシー保護が可能です。もちろん他の入退室システムと一体化した運用も可能。

人体、動物等の体表温度検知専用に特別設計され、測温範囲30〜45℃、測温誤差わずか±0.5℃の高精度サーモグラフィー。東京都では、新型コロナウイルスの感染拡大への対策として、都内の各学校にサーモグラフィーの導入を決定するなど、更なる需要が高まっています!


■ポイント1:検知精度±0.5℃
一般のサーモグラフィーは測温範囲が広い代わりに誤差(±2-3°)が大きいのに対し、弊社が一次代理店として販売しているHikvision製品は、範囲30〜45℃の中で誤差わずか±0.5℃と高い精度での検知が可能です。

■ポイント2:顔認識AI搭載
一般の製品は視野内の最高温度だけを検出するのに対し、顔の温度だけを検出する自動顔認識AIを全製品に搭載し自動で顔を追尾しながらリアルタイムに温度を計測します。誤動作の可能性を抑えると同時に、環境の影響をも最小限に抑えられます。

■ポイント3:ラインアップが豊富
設置場所や入口の広さに合わせ、入場者の流れを滞留させずにスクリーニングするには、カメラと顔の視野・距離などが重要となります。弊社では圧倒的なラインナップにてあらゆるシーンに対応できます。

■ポイント4:世界での販売実績
中国を始め、世界各国でその高い精度が認められた販売実績があります。


・対象物から1m以上離れたところから、非接触での温度測定が可能です。
・ウイルス感染などによる高熱発症者を瞬時に検査できます。
・人間や動物の体表面温度をリアルタイムで検知して温度計測表示します。
・人間や動物から放射される赤外線を検出し、温度分布を画像表示します。


特に、測温誤差±0.5℃や、顔認識機能による顔追跡で測温などは他社の製品にはない特徴でございます。

尚、詳しい商品の情報は下記からも閲覧していただけます。大変お手数ですがこちらからご覧くださいませ。

■WEBサイト  https://www.bitstrong.com/jp/ray/med_thermo.php

主な特徴

・高速温度測定モード:顔を検出し、身元認証なしで体温を測定
・複数の認証モードが利用可能:カードと温度、顔と温度、カードと顔と温度など
・マスク 検出:サポートマスク着用警戒と強制マスク着用警戒 認識している顔がマスクを着用していない場合、デバイスは音声リマインダーを促します。同時に、認証または出勤が可能
・認証ページに温度測定結果を表示
・発熱を検知すると音声プロンプトをトリガー、設定可能なドアステータス(開/閉)
・TCP / IP 通信を介してオンラインおよびオフラインの温度情報をクライアントソフトウェアに送信し、データをクライアントソフトウェアに保存します。
・検証性能: 顔認識時間 < 0.2 秒/ユーザー、顔認識精度率 ≥ 99%、サポートアンチスプフィング
・顔認証の推奨高さ:1.4m〜1.9m
・ウォッチドッグの設計と改ざん機能
・認証結果の音声プロンプト
・NTP、 手動時刻同期および自動同期
・出勤、退勤、外出、帰社、残業開始、残業終了など 6 つの状況への設定サポート
・ウィーガンドプロトコルを介して外部アクセスコントローラーまたはウィーガンドカードリーダーに接続
・端末が破壊されたときにドアが開くのをふせぐために、RS-485 プロトコルを介して安全なドア制御ユニットに接続
・クライアントソフトウェアからデバイスにデータをインポートおよびエクスポート
・展開しやすい サポート 壁取付andマウントポールでフロアス・タンディング
・長距離フィーバー
・スクリーニング認証距離: 0.3-1.8 m.

*バイオメトリック認証製品は、スプーフィング対策環境に 100%適用できません。より高いセキュリティレベルが必要な場合は、認証モードを使用します。 *SDKで温度、顔切り出し画像OK(顔座標NG)

型番

BS-K1TA70MI-T(DS-K1TA70MI-T)
※()内の型番は同じ製品です。

価格

業界最低価格(お問い合わせください。)

納期

即出荷可能
(在庫状況が変動します)

用途

発熱スクリーニング機能と統合したアクセス制御デバイスです。 体温をすば やく取得し、異常な温度イベントをセンターにアップロードできます。個人情報重視のため、他の機器に接続しなくても動作します。また、異常の温度が現れた時に自動的にキャプチャーする顔写真は可視光ではなく、サーマル画像のみにすることで来客のプライバシー保護をアピールすることができます。

■用途
企業、オフィスビル、工場、学校、ジム、スーパーの入口などにおける体温チェックなど。

資料請求フォーム

以下の必要事項をご記入の上、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
ご記入いただいた各情報は、資料請求先の企業に送信・公開されます。

お名前 ※必須項目  名
 (全角)【記入例】山田 太郎
ふりがな ※必須項目  名
 (全角ひらがな)【記入例】やまだ たろう
メールアドレス ※必須項目
※確認用に再度入力して下さい

 (半角英数字)【記入例[email protected]
企業・団体名 法人格 ※必須項目

法人格前後:  ※例)株式会社ABC・・・「前」/ABC株式会社・・・「後」
企業・団体名 ※必須項目 ※法人格を除いた企業の正式名称を入力して下さい

 (全角)【記入例】産業開発機構
ふりがな ※必須項目 ※法人格を除いた企業の正式名称(ふりがな)を入力して下さい

 (全角)【記入例】さんぎょうかいはつきこう
部署名
 (全角)【記入例】編集部
役職
 (全角)【記入例】編集長
郵便番号 ※必須項目 -
 (半角数字)【記入例】101-0024
都道府県 ※必須項目
市区町村 ※必須項目
 (全角)【記入例】千代田区神田和泉町1−8−11
上記以降の住所
 (全角)【記入例】サン・センタービル 3F
電話番号 ※必須項目 - -
 (半角数字)【記入例】03-3861-7051
FAX番号 - -
 (半角数字)【記入例】03-5687-7744
URL
 (半角英数字)【記入例】http://www.eizojoho.co.jp/
希望 ※必須項目  営業訪問    営業から連絡    カタログ   
動機 ※必須項目  情報収集    新規検討    既存入れ替え   
コメント(質問など)