HOME > 映像情報総覧 > ImageClarity(株式会社ビゴメントソフトウェア)

ImageClarity

株式会社ビゴメントソフトウェア

ImageClarity

この製品の詳細情報はこちら

主な用途

  • DICOMビューア/医用画像表示システムの開発
  • DICOM画像・JPEG画像変換プログラムの開発
  • PACS/DICOMサーバ(圧縮保存、転送構文変換)の開発
  • リポーティングシステム(サムネイル画像の作成/表示)の開発
  • DICOM CD/DVD付属表示プログラムの作成
  • その他あらゆるDICOM医用画像処理ソフトウェアの開発

画像ファイルの読み込みと保存

  • 各種画像ファイルの読込みおよび保存(下表参照)
  • JPEG Lossy/ Losslessのサポート(スレッドセーフ)
  • JPEG 2000のサポート(スレッドセーフ)
  • 8g, 8i, 16g, 24ビット画像データのサポート
  • 符号付き16ビット画像データのサポート
  • Planar画像データのサポート
  • YBR FULL画像データのサポート
  • 16i画像データのサポート
  • 8i, 24ビットDICOM RLE圧縮のサポート
  • 16i画像データの高位ビットに含まれるオーバーレイ情報の取得
  • オーバーレイ情報の取得
  • 各種読込みおよび保存モード(ファイル名/メモリ/ファイルハンドル)
  • フレームロードコールバック
  • Windowsクリップボードへの画像コピー
  • 画像の新規作成および画像の複製
  • DIBからの画像作成
  • クリップボードからの画像作成
  • 各種LUT(Modality/VOI/Softcopy/Presentation)のサポート
  • 外部プレゼンテーションファイルのサポート
  • 複数ウィンドウレベル設定のサポート
  • アルファチャネルの追加
  • リージョンによるROIのアルファチャネルへの追加
  • ヒストグラムの抽出(画像全体・アルファチャネルマスク)
  • DICOMシリーズ画像ファイルの一括ロード
  • メモリ上DICOM画像データのロード
  • リモートDICOM画像データのロード
  • シリーズ画像の任意位置のCoronalおよびSagittal断面画像の取得
  • シリーズ画像のRaySum画像の作成
  • スキャンラインの取得
  • TWAINインターフェースによるデジタイザ、スキャナ、デジタルカメラからの画像入力(16gサポート可能)
  • デフォルトTWAINデータソースの設定
  • DICOMオーバーレイデータの書き込み
  • スキャンラインの自動計算
  • ビデオデータの読込
  • URL指定によるDICOMファイルの読み込み

フォーマット サポート詳細
DICOM ビット数:8g, 8i, 16g, 16i(読込後24ビットに変換), 24
光学解釈:MONOCHROME1, MONOCHROME2, RGB, YBR FULL, PALETTE COLOR
圧縮形式:JPEG Lossy, JPEG Lossless, JPEG 2000, DICOM RLE
フレーム:シングルフレーム、マルチフレーム
ヘッダ:Part 10 Meta、RAW(転送構文指定可能)
ピクセル:ピクセル、Planar
JPEG 8g, 24, 12g(Lossy), 9〜16g(Lossless, 符号調整可能)
JPEG2000 8g, 9〜16g(符号自動認識), 24, Part 1, Code Stream
RAW 8g, 24, 16g(符号・バイト順指定可能)
MFER (AHA圧縮データはサポート対象外)
その他 各種GIF, BMP, ICO, WMF, EMF画像ファイルの読込み(読込後24ビットに変換)

画像表示機能

  • Bilinear/Bicubic補正表示機能
  • 各種配置モード(左寄せ/中央/右寄せ、上寄せ/中央/下寄せ)
  • ストレッチ表示/ズーム表示モード
  • 倍率指定によるズーム表示機能
  • 矩形指定による表示部分の移動/ズーム表示機能
  • 背景色の設定機能
  • 輝度・コントラスト・ガンマ調整機能
  • RGB LUT設定・取得機能
  • 8g/16g画像のウィンドウレベル(中心・幅・ガンマ)調整機能
  • 表示ウィンドウの部分領域表示機能
  • 16x8 LUT設定・取得機能
  • 表示画像のヒストグラムの抽出
  • 各種LUTの表示制御
  • 複数ウィンドウレベル設定のサポート
  • オーバーレイ情報の表示制御
  • 反転表示
  • フィルタ変換表示(シャーペン/スムージング/アンシャープ/カスタム)
  • 擬似カラー表示
  • 9〜16ビットグレースケール表示画像の出力
  • MPR/MIP/MinIP/RaySum表示機能
  • メモリデバイスへの表示出力
  • ズーム演算の中心指定が可能

画像処理機能

  • 水平鏡像/垂直鏡像
  • 画像回転機能(90/180/270度)
  • 8g, 8i画像の24ビット画像への変換
  • 画像サイズの変更(Bilinear/Bicubic補間)
  • 画像の切り取り/拡張
  • 画像色反転変換
  • フィルタ変換機能(シャーペン/スムージング/アンシャープ/カスタム)
  • 16ビット画像のバイト順の交換
  • 16ビット画像の8ビットへの変換(LUT指定可能)
  • 16ビット画像の8ビットへの変換(ウィンドウレベル指定可能)
  • 16ビット画像のビット数変換
  • 16ビット画像のウィンドウレベル変換
  • 符号付き16ビット画像の符号なしへの変換
  • 24ビット画像のRedとBlue色の交換
  • Planarとピクセル構造の双方向変換
  • YBR FULLとRGB色空間の双方向変換
  • 24ビット画像の8g画像への変換
  • 輝度・コントラスト・ガンマ設定による色変換
  • RGB LUTによる色変換
  • 論理演算による画像の合成
  • 画像の比例混和
  • 色指定可能な透明合成
  • 画像の任意角度補正回転
  • マーカオブジェクトによる面積・平均値の計算
  • アルファチャネル領域の判定および充填

アノテーション開発機能

直線、矢印、フリーハンド、定規、分度器などの十数種のアノテーションオブジェクトが含まれており、各オブジェクトの作成、編集、削除およびフォント、色、縁取りなどのプロパティの設定ができ、ファイルまたはメモリへの保存が可能です。
アノテーションオブジェクトのヒットテストは、ImageClarityのエンジンによって完全に実現されており、OSの機能には依存していません。

オブジェクト名 説明
アンカー クロス、円、複合という3種類のアンカーがあります。
直線 任意2点からできた直線です。
矢印 任意2点からできた矢印です。
手書き折れ線 複数の点からできた折れ線です。
メモ 一定の長方形にある改行可能な文字列です。
ポリゴン 複数の点からできた任意多角形です。
ポリライン 複数の点からできた連結した複数の直線です。
長方形 任意2点からできた塗りつぶしもしくは中空の長方形です。
楕円 任意2点からできた塗りつぶしもしくは中空の楕円です。
定規 任意2点間の距離を測るツールです。単位は、mmまたはcmに設定できます。
分度器 任意2本の直線の間の角度を測るツールです。連結もしくは非連結に設定できます。
比例 任意2本の直線の間の比例を測るツールです。