HOME > 新着ニュース

新着ニュース

EIZO、手術室向け49型フルHDモニタ後継機種を発売

[ 2018/03/22 ]



EIZO株式会社は、49型の手術室向け画像表示モニタ「CuratOR LX491W」を2018年5月14日に発売する。
img_eizo.jpg


1.概要
「LX491W」は、内視鏡や手術顕微鏡などの術野映像や、X線やMRI、CTなどの検査画像、生体情報を、49型のワイド画面に同時表示できる、フルHD(1,920×1,080ドット)解像度モニタ「LX490W」の後継機種。
「LX490W」の基本性能を踏襲しつつ、対応可能な映像信号形式が増えることで、接続できるシステムの幅が広がる。


2.新製品で追加した特長
■ 多彩な入出力信号に対応
「LX491W」は、「LX490W」で対応可能なHD-SDI映像信号を、より高品質な映像伝送を可能とする3G-SDI映像信号にアップグレード。3G-SDI映像信号を使用すると、解像度フルHD(1,920×1,080ドット)/フレームレート60Hz(画面を1秒間に60回書きかえ)の映像信号も、30mの長距離を安定して伝送できる。これにより「LX491W」は、3G-SDIやDVI、Composite、S-Video、VGAといった多彩な映像信号に対応し、手術室内のさまざまなシステムに接続できる。

また、EIZO独自の技術を活かした、Force Mode機能を搭載。これにより、特殊なアナログ信号を出力するレガシーシステム(旧世代のシステム)との接続も可能。院内既存のレガシーシステムを引き続き有効活用したいというユーザの要望に応える。


3.踏襲している基本性能・特長
■ フルハイビジョン映像を間引きなく、フルHD(1,920×1,080ドット)解像度で等倍表示
■ 画面の中に複数の映像を並べて表示可能
■ スリムかつ軽量な筐体で手術室にすっきり設置
■ 保護ガラス内蔵で、モニタ前面部は防塵・防水の保護等級IP65に対応
・ IP(International Protection)は、IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)によって定められている異物と水の浸入に対する保護規格。
■ 天吊りや壁掛けに便利なVESA規格対応
■ 各種医療規格や安全/EMC規格を取得


◎CuratOR LX491Wの製品情報はこちら


【お問い合わせ】
EIZO株式会社
営業1部 ORソリューション課
TEL:03-5764-3403 FAX:03-5764-3420
http://www.eizo.co.jp/