HOME > 新着ニュース

新着ニュース

キヤノンメディカルシステムズ『CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018』開催

[ 2018/02/13 ]



 キヤノンメディカルシステムズ株式会社は2月10日(土)東京・丸の内のJPタワー ホール&カンファレンスにおいて『CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018』を開催した。CTおよびMRIにおける同社の最新技術動向を習得しようとする熱心な参加者が集った。
 小さな病変のうちに見つけたいと考えることは、画像診断に関わる医療者にとっては至極当然のことで、高精細・高精度画像への欲求は強くなる。その思いに応えるべく装置メーカの開発は着実に歩を進めている。今回のセミナーのテーマは「超高精細/高精度 CT・MRイメージングが切り拓く新しい診断」。同社の最新の取り組みが、「Session 1:MR」と「Session 2:CT」で報告された。
 講演内容は以下の通り(敬称略)。


<Session 1:MR>
座長:青木 茂樹 順天堂大学医学部・大学院医学研究科 放射線医学教室 放射線診断学講座
  1. 高速化イメージングの最新動向
    キヤノンメディカルシステムズ MRI営業部
  2. Deep Learning Reconstructionについて
    北島 美香 熊本大学大学院生命科学研究部 放射線診断学分野
  3. High Resolution and Beyond - from Research to Clinical Use
    Prof. Thomas Tourdias Bordeaux Hospital University Center

SESSION-1%28MR2%29.JPG



<Session 2-1:CT>
座長:横山 健一  杏林大学医学部 放射線医学教室
  1. Aquilion Precision技術紹介
    キヤノンメディカルシステムズ CT開発部
  2. Aquilion Precision の性能と物理特性
    石原 敏裕 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 放射線技術部 放射線診断技術室
  3. 超高精細 CT の臨床展開
    千葉 工弥 岩手医科大学附属病院 循環器医療センター 中央放射線部

SESSION-2%28CT1%29.JPG



<Session 2-2:CT>
座長:新本 弘  防衛医科大学校 放射線医学講座
  4. 超高精細 CT による肝胆膵領域の描出ー診断から治療までー
    久保 貴俊 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 放射線診断科
  5. 冠動脈 CT の現状と超高精細 CT の可能性
   高木 英誠 岩手医科大学附属病院 循環器医療センター 放射線科
  6. Aquilion Precision だけが写すもの(中内耳・胸部)
    山城 恒雄 琉球大学大学院医学研究科 放射線診断治療学講座
  7. 脳神経領域の画像診断に Precision がもたらすもの
    村山 和宏 藤田保健衛生大学医学部 放射線医学教室

SESSION-2%28CT2%E6%98%8E%29.JPG



【お問い合わせ】
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
https://jp.medical.canon/