HOME > 新着ニュース

新着ニュース

新生『キヤノンメディカルシステムズ』誕生

[ 2018/01/05 ]



 東芝メディカルシステムズは、2016年12月にキヤノングループ入りし、これまで統合作業および社名変更に伴う薬機法等法規対応を進めてきたが、必要な諸手続きが完了したことを受け 1月4日 社名を『キヤノンメディカルシステムズ株式会社』に変更した。

 同日、新生キヤノンメディカルシステムズを祝うイベントが、栃木県大田原市の本社で開催された。イベントは地元の創作芸能 “与一太鼓” の演奏にはじまり、代表取締役社長・瀧口登志夫氏、労働組合委員長・築山浩幸氏、専務取締役・鷲尾信宏氏、専務取締役・信太泰雄氏により鏡開きが行われた。続いてキヤノンロゴの除幕式、瀧口社長と築山労働組合委員長の挨拶があり、来賓として大田原市の津久井富雄市長が祝辞を述べた。


DSC_0031.JPG



%E7%80%A7%E5%8F%A3%E7%A4%BE%E9%95%B7.JPG
        瀧口社長


%E7%AF%89%E5%B1%B1%E5%A7%94%E5%93%A1%E9%95%B7.JPG
     築山労働組合委員長


%E6%B4%A5%E4%B9%85%E4%BA%95%E5%B8%82%E9%95%B7.JPG
     津久井 大田原市長



 最後に社員の集合写真撮影が行われ、キヤノンの企業理念である「共生」とキヤノンメディカルシステムズの経営スローガンである「Made for Life」の融合により、世界の医療に貢献することを誓い終了した。



IMG_5724_edit.jpg