HOME > 新着ニュース

新着ニュース

キヤノンメディカルシステムズ、画論25th The Best Image開催

[ 2018/01/29 ]

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(以下、キヤノンメディカル)は1月27日(土)、キヤノン株式会社本社(東京・大田区下丸子)にて、今年で25回目となる「画論 The Best Image」を開催し、およそ400名が出席した。

「画論 The Best Image」は診断・治療に必要な画像のクオリティはもとより、被験者へのメリット、撮影・処理技術の工夫等、臨床的価値(クリニカルバリュー)を総合的に判断することにより「最良のイメージ」を選定するという、それまでに類をみない取り組みとして、1993年より開催されている。

今年1月4日より社名変更した同社はキヤノンメディカルとして初めての開催となり、今年はキヤノン本社を会場として、例年通りCT、MR、超音波各部門に分かれ、各部門の総応募件数527件より選ばれた「画論」の上位入賞施設によるディスカッションが行われた。 また、同社研究開発センター長を務める立崎寿氏(写真1)による「画像技術の取組」と題した講演、ならびに特別講演では「次世代イメージングへの期待」と題して広島大学大学院教授の粟井和夫先生(写真2)が登壇した(座長:阿部修教授(写真3)/東京大学大学院)。

01-03_600px.jpg


キヤノン創業者の名を冠した御手洗毅記念館にて行われた発表式には、キヤノン会長の御手洗冨士夫氏(写真4)も登壇。キヤノンメディカルがメディカル事業の総本山として生産技術や経営リソースを最大限に利用して、医療に貢献してほしいと述べたほか、再生医療などの先進医療についても同社が中心となってグローバルな視点でM&Aなど積極的な事業展開を進めてほしいと、キヤノングループでの大きな役割に期待を示した。

キヤノンメディカル代表取締役社長の瀧口登志夫氏(写真5)は、4次元X線CT装置の開発で片田和広名誉教授(藤田保健衛生大学)、遠藤真広常務理事(医用原子力技術研究振興財団)の両氏とともに昨年受賞した厚生労働大臣賞について触れ、今後も世界の医療へさらなる貢献を目指していきたいと抱負を述べて、画論を締めくくった。

04-05_h284px.jpg

画論各部門の最優秀賞は次のとおり(敬称略)。

【CT:応募件数176件】(写真6)※敬称略
審査員:興梠征典(産業医科大学)、粟井和夫(広島大学)、吉岡邦浩(岩手医科大学)、陣崎雅弘(慶應義塾大学)、辻岡勝美(藤田保健衛生大学)、中屋良宏(静岡がんセンター)、山口隆義(華岡青洲記念心臓血管クリニック)
■1~160列部門 最優秀賞
十二指腸癌
・国立がん研究センター中央病院
・使用装置:Aquilion Precision 160列

■1~160列(心血管)部門 最優秀賞
下肢静脈瘤
・熊本機能病院
・使用装置:Aquilion PRIME 80列

■Aquilion ONE部門 最優秀賞
右膝蓋骨骨折
・労働者健康安全機構 富山労災病院
・使用装置:Aquilion ONE NATURE EDITION 320列

■Aquilion ONE(心血管)部門 最優秀賞
心臓サルコイドーシス
・華岡青洲記念心臓血管クリニック
・使用装置:Aquilion ONE GENESIS EDITION 320列

06_rev.jpg

【MR:応募件数181件】(写真7)※敬称略
審査員:似鳥俊明(杏林大学)、阿部修(東京大学)、扇和之(日本赤十字社医療センター)、小林邦典(杏林大学)、小野敦(川崎医療福祉大学)、和田博文(済生会熊本病院)
■1.5テスラ以下MR部門 最優秀賞
月経随伴性気胸疑いfollow up
・松戸市立福祉医療センター東松戸病院
・使用装置:Vantage Titan

■3テスラ以下MR部門 最優秀賞
高分解能頭蓋内血管壁imagingによる梗塞巣責任病巣の診断・評価
・杏林大学医学部付属病院
・使用装置:Vantage Titan 3T

07_rev.jpg

【超音波:応募件数170件】(写真8)※敬称略
審査員
・心臓部門:伊藤浩(岡山大学)、瀬尾由広(筑波大学)
・血管部門:松尾汎(松尾クリニック/松尾血管超音波研究室)、濵口浩敏(北播磨総合医療センター/脳卒中・神経センター)
・腹部部門:畠二郎(川崎医科大学)、岡庭信司(飯田市立病院)、小川眞広(日本大学病院)
・乳腺・甲状腺・表在部門:平井都始子(奈良県立医科大学附属病院)、何森亜由美(高松平和病院)
・運動器・リウマチ部門:畠二郎(川崎医科大学)、髙橋周(東あおば整形外科)
■心臓部門 最優秀賞
左室二腔症に僧帽弁副組織を合併した一例
・みなみ野循環器病院
・使用装置:Artida

■血管部門 最優秀賞
外傷性仮性動脈瘤
・東邦大学医療センター大橋病院
・使用装置:Aplio400

■腹部部門 最優秀賞
肝細胞癌
・岩手医科大学
・使用装置:Aplio i900

■乳腺・甲状腺・表在部門 最優秀賞
ソナゾイド造影超音波で病変性状と範囲が明瞭にとらえられた乳がんの1例
・東邦大学医療センター大森病院
・使用装置:Aplio i900

■運動器・リウマチ部門 最優秀賞
弾発現象を認めた手根管内脂肪腫の一例
・刈谷豊田総合病院
・使用装置:Aplio500

08_rev.jpg

【お問い合わせ】
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
https://jp.medical.canon/