HOME > 新着ニュース

新着ニュース

EIZO、手術・内視鏡用モニタの第3弾 4Kモデルを発売

[ 2017/11/07 ]


EIZO株式会社は、EIZOブランドの手術・内視鏡用モニタの第3弾となる31.1型4K UHD(3,840×2,160ピクセル)解像度の手術用液晶モニタ「CuratOR EX3140」を、2018年2月1日に発売する。

CuratOR%20EX3140.jpg


■概要
EX3140は、EIZOブランドの手術・内視鏡用モニタの第3弾。これまでの4製品の解像度はすべてフルHD(1,920×1,080ピクセル)であるが、今回の「EX3140」の解像度はフルHDの4倍の4K UHD(3,840×2,160ピクセル)であり、普及が進む内視鏡や手術顕微鏡の4K UHDカメラに対応する。

※ 第1弾は2017年6月15日発表の3D/2D表示モデル2製品、第2弾は10月31日発表の2D表示モデル2製品。
さらに4K UHD解像度に加え、「EX3140」は広い表示色域も備えているため、高い解像度の手術映像を高精細かつ鮮明に再現する。また製品の外観は、これまでの4製品同様に、手術室内の安全性を考慮して製品の角を丸め、モニタ前面には清掃しやすいフルフラットデザインを採用している。


同社は今回発売する「EX3140」をEIZOブランドの手術・内視鏡用モニタラインナップに加えることで、同社の手術室および内視鏡用モニタ事業をさらに強化していく。



■主な特長
①4K UHD解像度で手術映像を高精細に表示
フルHDの4倍にあたる4K UHD(横3,840×縦2,160ピクセル)の情報量を表示可能。内視鏡や顕微鏡手術カメラで撮影する4K UHD映像を高精細に再現する。フルHDモニタでは識別し難かった微細な部位を表示できる。

②広色域で映像の色味を鮮明に再現
「sRGB」の色域を忠実に表示できるだけでなく、4K映像の色標準である「BT.2020」のエミュレーション(擬似再現)に対応。「BT.2020」に対応したカメラで撮影された映像の黄緑から赤にかけての領域をより鮮明に再現できる。

③フルHD映像も見やすく鮮鋭化
EIZOが独自に開発した映像鮮鋭化技術「Smart Resolution with Sparse Coding(S.R.S.C.)」を搭載。従来の内視鏡や顕微鏡手術カメラで撮影したフルHDの映像も、モニタの4K UHD解像度を活かし、遅延なく高精細に表示する。

④安全性、衛生面に配慮したフルフラットデザイン
手術室に設置された多くの医療機器や装置は、手術内容に応じて並び替えられたり、手術室間の移動が伴う。その際の医療スタッフの安全性を考慮し、EIZOの手術用モニタは角のない丸みを帯びたデザインを採用している。
さらに、前面すべてを保護パネルで覆ったフルフラットデザインで、防塵・防水等級はモニタ前面:IP45、全体:IP32を実現。また、ケーブルカバー装備でケーブル類もすっきり収納できるなど、安全で衛生的な手術環境の確保に貢献する。
・IP(International Protection)は、IEC(International Electrotechnical Commission:国際電気標準会議)が定める異物と水の浸入に対する保護規格です。

⑤ケーブル1本で4K UHD伝送が可能
4K UHD映像伝送用のインタフェイスに、DisplayPort 1.2端子と3G-SDI(BNC)端子×4本を装備。DisplayPort 1.2端子を使用すれば、60フレーム/秒の4K UHD映像を信号ケーブル1本で伝送可能。DisplayPortケーブルは抜け防止のロック機構を備え、安定した接続を保持する。また3G-SDI(BNC)端子を使用すると、30mの長距離でも安定した伝送を実現する。



EIZO株式会社
TEL:03-5764-3403
FAX:03-5764-3420
http://www.eizo.co.jp/