HOME > 新着ニュース

新着ニュース

EIZO、同社ブランドでは初の手術用3Dモニタ2機種を発表

[ 2017/06/15 ]

EIZO株式会社は同社ブランドでは初の手術用3Dモニタ2機種、26型「CuratOR EX2620-3D」を2017年8月21日に、31.5型「CuratOR EX3220-3D」を2017年11月15日に発売すると発表した(ともにオープン価格)。これを皮切りに、手術室および内視鏡用モニタ事業の一層の強化を図るとしている。

CuratOR_600px.jpg


同社は2016年6月に、パナソニック ヘルスケア株式会社の手術・内視鏡用モニタ事業を買収。同社製の手術・内視鏡用モニタの販売を行うとともに、両社の技術を融合し、さらに進化した手術用モニタの開発に取り組んできた。今回発売の「EX2620-3D」と「EX3220-3D」は、この取り組みを通じて開発されたEIZOブランド初の手術用3Dモニタとなる。高輝度、高コントラストな3D映像表示が可能であり、さらに手術室の安全性、衛生面に配慮したフルフラットデザインを採用している。現在、4K(3,840×2,160)解像度の3Dモニタをはじめとした異なる解像度やサイズの手術用モニタの開発も進めている。同モニタの主な特徴は以下のとおり。

■奥行き感・立体感が求められる高精細な3D手術映像を忠実に再現
 発光効率の優れたLEDバックライト搭載パネルを使用し、「EX2620-3D」は高輝度580cd/m2、高コントラスト比1400:1、「EX3220-3D」は高輝度650cd/m2、高コントラスト比1400:1を実現しました。さらにフルHD(1,920×1,080)解像度対応で、内視鏡や手術顕微鏡など奥行き感、立体感が求められる高精細な3D手術映像を忠実に再現する。

■映り込みを和らげ、高い視認性を確保オプティカルボンディング
 液晶モニタの画面の映り込みは、画面を照らす外光が屈折率の異なる空気層やガラスを透過する際に発生する光の反射が原因である。「EX2620-3D」と「EX3220-3D」は、液晶パネルと表面の保護ガラスを貼り合せるオプティカルボンディング加工を施しており、光の屈折率を最小限に抑え、目障りになる画面の映り込みを和らげている。これにより、医師の手元が見やすいように照明が明るい手術室で使用する場合でも、コントラスト比の低下を防ぎ、視認性の高い映像を再現する。

■安全性、衛生面に配慮したフルフラットデザイン
 手術室に設置された多くの医療機器や装置は、手術内容に応じて並び替えが行われる。その際の医療スタッフの安全性を考慮し、EIZOの手術用モニタは角のない丸みを帯びたデザインを採用している。
 また同製品は前面が保護ガラスに覆われたフルフラットデザインで、防塵・防水等級はモニタ前面:IP45、全体:IP32を実現。さらに、ファンレス設計で通風孔のないデザインのため、清掃や消毒が簡単に行える。ケーブルカバー装備でケーブル類もすっきり収納できるなど、手術室の安全性、衛生面に配慮している。


EIZO株式会社
営業1部 モダリティイメージング課
TEL:03-5764-3403 FAX:03-5764-3420
http://www.eizo.co.jp/