HOME > 新着ニュース

新着ニュース

伯鳳会グループとシーメンスヘルスケア、救急災害医療を中心とした医療機器の運用に関するパートナーシップ締結

[ 2017/05/26 ]

医療法人伯鳳会(兵庫県赤穂市、理事長:古城資久、以下、伯鳳会)を中心とした伯鳳会グループとシーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:森秀顕)は、救急災害医療を中心とした医療機器の運用およびサービスに関するパートナーシップを2017年4月21日に締結し、新たに開設した伯鳳会東京曳舟病院(同、以下、東京曳舟病院)にて、導入されたハイブリッドERなどを5月25日に公開した。

photo01_170525_600px.jpg

さる4月1日に伯鳳会白鬚橋病院(東京都墨田区)が移転し、新たに開設した東京曳舟病院において、これまで培った経験やノウハウを元に、さらに高度な救急災害医療の展開を図るためのパートナーシップ締結となる。

東京曳舟病院は、東京都指定の災害拠点病院ならびに東京DMAT指定病院として高度な救急医療をできる環境にあり、同時に、東武スカイツリーライン・曳舟駅に直結している立地からも、地域住民の健康維持・増進を支える体制を整えている。

同パートナーシップにより、シーメンスヘルスケアは東京曳舟病院に対し、多軸透視撮影装置『Artis zeego』を用いたハイブリッドERの導入・サポートを行う。ハイブリッドERとは、一般的なハイブリッド手術室(OR)を救急災害医療へ応用したものであり、このハイブリッドERを効果的に活用するため、両者は救急災害を想定したリハーサルを定期的に行っていく。

photo02_170525_400px.jpg

また、高精度、広範囲かつ高速で診断するためのCT装置や脳卒中・急性期の患者のための血管内治療に対応した血管撮影装置も導入し、救急災害医療だけでなく地域に根差した病院として地域住民に高度な医療を提供できる体制を整えている。同パートナーシップの締結期間は5年で、その後は1年ごとの更新となる。同パートナーシップの内容は以下のとおり。
・画像診断・治療に関する最新または最適な医療機器の提供
・救急災害医療における診断・治療ワークフローの総合支援
・新たに開設した東京曳舟病院のブランド構築支援
・シーメンスのリファレンスサイトとして、知識交流や共同研究を推進

photo03_170525_400px.jpg

photo04_170525_600px.jpg

両者は今後、救急災害医療および地域医療の発展に向けて、機器に関する定期的なトレーニングをはじめ、自然災害やテロなどを想定したリハーサルも共同で行っていく予定となっている。

シーメンスヘルスケアは、2015年4月に社会医療法人博愛会相良病院(鹿児島県鹿児島市)と次世代の女性医療実現に向けたパートナーシップを締結しており、今回の伯鳳会グループとの救急災害医療を中心とした医療機器の運用に関するパートナーシップは2例目となる。同社はパートナーシップを通じて、専門施設と同社とのつながりをPRすることで両者のブランド価値を高めていきたいとしている。

【お問い合わせ】
シーメンスヘルスケア株式会社
http://www.siemens.co.jp/