HOME > 新着ニュース

新着ニュース

サクラ精機、全自動ディスポーザブルパルプ容器粉砕機および手指衛生「見える化」装置を新発売

[ 2016/07/15 ]


 サクラ精機株式会社は、手指衛生の精度をスキャンして可視化する日本初上陸の装置『ハンドインスキャン』
(ハンガリー・Hand in Scan社製)の発売を発表した。

■ハンドインスキャン
 ハンドインスキャンは、専用の擦式アルコール製剤を用いて擦り込み消毒を行った手を装置に挿入し、スキャンすることで、手指衛生の状況が良好であるかを即座に判定することができる装置である。これにより、手指衛生の手技教育と、継続したモニタリングを行うことを可能にした。本装置では、擦り込み消毒を行った手をスキャンすると、手指全体の95%以上にアルコール製剤が擦り込まれた状態になっていることで、手指衛生が適切に行われていると判断される。
また、スキャン結果は本装置のモニタに手の形で表示され、カラーリングによって、消毒が不足している箇所を視覚的に理解することができる。さらに、スキャン前にRFIDによって個別認証を行うことで、スキャン履歴をID別にデータとして残すこともできる。インターネットを通じてリアルタイムでサーバに蓄積される履歴データを元に、さまざまな条件(年齢・性別・業種・部門など)でフィルタをかけて統計を抽出することも可能となるため、手洗い習慣の浸透度・定着度をマネジメントすることが可能である。
製品概要は以下のとおり。
・製品名称:ハンドインスキャン
・外観数寸法:H270×W460×D250mm
・電源:AC100V
・消費電力:最大75W
・重量:8kg
・ディスプレイ:10.1インチ

%E5%9B%B33.jpg

%E5%9B%B34.png

【お問い合わせ】
サクラ精機株式会社
http://www.sakurajp.com/