HOME > 新着ニュース

新着ニュース

タブレット型の超音波画像診断装置「ポケットエコーmiruco」販売開始

[ 2016/07/25 ]


日本シグマックス株式会社は、超音波画像診断装置 「ポケットエコー miruco (ミルコ) 」 の販売を、2016年7月1日より開始した。超音波画像診断装置は、技術の進歩により高画質化、高機能化が進み診断の用途が広がっているが、操作や画像の読み取りには高度なスキルやノウハウが要求される。また、1台が数百万円、数千万円もする製品もあり、誰もが使える機器とはなっていない。
 「miruco」 は病棟や往診、訪問介護などポケットエコーが最大限活躍し、医療連携につながる場面を想定し開発された。プリセットされた設定を選ぶだけで使えるシンプルで直感的な操作性を有している。わずか数秒という短時間での起動と現場での使用に見合った電池容量、持ち運びやすいコンパクトなサイズと見やすい大きさの画面の両立など、必要十分なレベルの機能や画質を搭載している。その上で、1台あたり169,900 円 (本体価格) という従来にないリーズナブルな価格を実現した。
 タブレット型のエコーは使用しながら画像を患者に提示でき、治療への積極的参加を促すコミュニケーションツールとしての役割も果たせる。同社では簡単操作で低価格な 「miruco」 を広く浸透させるために、外部機関と連携しながら正しい使用方法・判断基準の普及活動を推進し、病棟のみならず在宅医療にまで、医療現場の質をより向上させる有益なツールとなることを目指すとしている。

Pocket%20Echo-2.jpg

<特長>
■コンパクト設計で持ち運びが楽!  片手で持てて画像が見やすい7インチのディスプレイのタブレット (210mm×110mm) を使用。プローブも一緒に白衣やエプロンなどのポケットに入るコンパクト設計で、合計の重さも約460gと持ち運びが楽にできる。
■操作が簡単ですぐに使用可能!
 プローブのケーブルをタブレットに挿すだけで、わずか数秒で起動しすぐに使える。設定は目的 (膀胱、肺、浅部、深部) と、体型 (細身、標準、肥満) の2つをタッチパネルで選択するだけでよく、直感的な操作が可能。日本語表示で分かりやすいので簡単に使用できる。
■膀胱モード、肺モードをプリセットで用意
 脱水等の体液管理、排尿管理等に役立つ 「膀胱モード」 と、慢性心不全、誤嚥性肺炎などの観察のための 「肺モード」 をプリセット。細かな設定をしなくても、すぐに現場で使用できる。
■3時間連続使用可能
 連続動作時間はフル充電時で約3時間と、病棟、往診、訪問看護など、使用シーンや場所を問わずいつでもどこでも使用することができる。
■通信を使って画像共有が可能
 無線LAN (Wi-Fi 等) 使用環境下で画像をメール送信したり、USB 接続でパソコンに画像を保存したりすることができ、情報や画像の共有や現場での判断に活用できる。

Pocket%20Echo-1.jpg

<価格>
・本体販売価格:169,900円 (税別)
・保証プラン:1年保証16,800円、2年保証33,600円、3年保証45,000円 (税別)
 ※初年度は1,000台の販売を目指す。
 当初は販売のみの提供だが、毎月定額のレンタルプランを検討中している(2016年秋頃開始予定)。

<日本シグマックス株式会社について>
 日本シグマックス社は 「身体活動支援業」 を企業使命に掲げ、創業以来40年以上にわたり整形外科分野に特化して各種関節用装具やギプスなどの外固定材、リハビリ関連製品などの製造・販売を手掛けてきた。
 2009年より『運動器向けエコー』 の取り扱いを開始している。学会セミナーへの協賛や企業展示、ドクター向けのハンズオンセミナー開催、冊子や動画、ウェブ等を活用した情報提供を積極的に行ってきた。これらの活動を通して、運動器エコーの有用性、正しい使用方法を伝え、市場の拡大に努めている。
 今回、タブレットと接続して使用するポケットエコーという新しい製品を通して、これまでとは異なる在宅医療等の分野への進出を目指している。


【お問い合わせ】
 日本シグマックス株式会社
 ・専用ウェブサイト http://www.sigmax-med.jp/
 ・専用お客様窓口 TEL:0800-222-3210(通話無料)
   受付時間 9時~17時(土日、祝祭日、年末年始を除く)