HOME > 新着ニュース

新着ニュース

島津製作所、血管撮影システム向け保守契約オンラインサービスを開始

[ 2016/06/28 ]


島津製作所は、当社の血管撮影システム「Trinias(トリニアス)」シリーズをお使いのお客様と当社間をネットワークで繋いで双方向のリモートサービスを実現する保守契約オンラインサービス「Site-View Plus(サイトビュープラス)」を6月27日に開始する。

従来のリモートサービスを強化した本サービスは、当社の血管撮影システムを導入する病院と島津グループが管理するリモートメンテナンスサーバをネットワークで接続するものである。常に最適な状態に装置を保つために当社が装置の状態をリモートで監視し、お客様は、装置状態や保守記録の確認、装置マニュアルなどの閲覧、当社へのお問い合わせ、当社からの最新情報の受信などが院内のPCで可能になる。これまでは納入した装置の状態を当社が監視する一方向コミュニケーションでしたが、本サービスを通して双方向のコミュニケーションを実現することで、さらに安心して日々の検査を行える。

【新サービスの概要】
「Site-View Plus」への契約によって、対象となる血管撮影装置をお使いのお客様は、院内のPCから以下のようなサービスを受けることができる。

・装置状態の確認:装置の通信状態、過去のエラー履歴、機械室の温度・湿度を表示
・保守記録の確認:定期点検記録、リモートメンテナンス記録、サービスレポートの表示
・各種マニュアルの閲覧:各システムのマニュアルなどの表示
・当社へのお問い合わせ:保守・メンテナンスに関する問い合わせ、計画停電の通知、カタログ請求や見 積もり依頼など当社へのメッセージ送受信
・当社からのお知らせ通知:展示会情報やオペレーションガイドなど最新情報の受信

なお、本サービスは日本国内向けであり、契約については、当社が製造販売する医療機器および関連機器の据え付けや修理、保守点検、部品供給などを主な事業内容とする当社100%出資のグループ会社 島津メディカルシステムズ株式会社が行う。

【新サービスの特長】
1. 双方向コミュニケーションによる安心の装置管理
当社側で装置の状態を監視し、異常があればいち早く感知して知らせする。また、従来までは、実際に操作しなければ装置の状態を確認することができなかったが、本サービスでは院内のPCから装置の状態を確認でき、お客様側で装置の状態や定期点検記録を始めとする各種の情報を一元的に管理できる。さらに、「Site-View Plus」のシステム上でお問い合わせなどのメッセージ送受信が可能である。このような双方向のコミュニケーションによって装置をより最適な状態に保ちやすくなり、一層安心な検査を支援する。

2. エラーガイド機能によりダウンタイム短縮を支援
装置に故障などのトラブルや異常が起こった際、従来はフィールドエンジニアがその病院を訪問して装置を復旧させていたが、異常時の操作手順を示す本サービスのエラーガイド機能により、お客様の操作で装置を復旧できる場合もある。また、復旧に関する状況をリモートで監視し、担当のフィールドエンジニアへ通知することで、より的確かつ速やかな連絡や訪問対応に繋がり、ダウンタイムの短縮に貢献する。

Site-View%20Plus.jpg
            「Site-View Plus」の取り扱い概要図


【製造販売認証番号】(医療用)
224ABBZX00053000 据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置「血管撮影システム Trinias」

当社の血管撮影システムについてはこちら

【お問い合わせ先】
株式会社島津製作所
http://www.shimadzu.co.jp/jindex.html