HOME > 新着ニュース

新着ニュース

EIZO、パナソニック ヘルスケアの手術・内視鏡用モニタ事業買収

[ 2016/06/06 ]

EIZO株式会社(以下、EIZO)は6月6日、パナソニック ヘルスケア株式会社(以下、パナソニック ヘルスケア)との間でパナソニック ヘルスケアの手術・内視鏡用モニタ事業を買収することにつき合意し、事業譲渡契約を締結したことを発表した。

EIZOは2015年に発表した第5次中期経営計画において、ヘルスケア市場向け事業の拡大を重点施策の1つに位置付けており、特に手術室分野を注力分野として事業の拡大を推進している。

パナソニック ヘルスケアは2010年8月より手術・内視鏡用モニタ事業を展開しており、国内外の内視鏡等の医療機器メーカとの間で良好かつ強固なパートナーシップを構築しているだけでなく、その製品は国内外の数多くの手術室に導入された実績を有している。

パナソニック ヘルスケアの手術・内視鏡用モニタ事業をEIZOの事業に加えることで、EIZOは2Dのみならず3D/4K対応の手術・内視鏡用モニタをフルラインナップ化することができ、また両社の技術を融合させることで、より信頼性の高い製品開発ならびに事業の拡大を加速できるものと判断したとしている。

本件買収に伴うEIZOグループへの影響および業績見通しについて、EIZOの2017年3月期の連結および単独の業績に与える影響は軽微としている。

■譲渡会社の概要
①商号:パナソニック ヘルスケア株式会社
②代表者:小谷秀仁
③所在地:〒105-8433 東京都港区西新橋2丁目38番5号
④主な事業の内容:各種ヘルスケア機器の開発・製造・販売および関連サービス事業(対外診断機器・医療IT・研究医療支援機器など)
⑤決算期:3月
⑥ホームページ:http://www.panasonic-healthcare.com/jp/

■買収の概要
①買収方式:当社を受け皿とする事業譲渡
②買収金額:守秘義務により非開示
③決済方法:手元資金にて決済予定

■事業譲渡期日:2016年7月31日


EIZO株式会社
http://www.eizo.co.jp/