HOME > 新着ニュース

新着ニュース

富士フイルム、14×17インチカセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート) S47」を新発売

[ 2016/04/13 ]

17×17インチの幅広タイプ「FUJIFILM DR CALNEO Smart S77」も同時発売

富士フイルム株式会社は、低線量・高画質を実現した世界最軽量の14×17インチカセッテサイズデジタルX線画像診断装置(以下、「カセッテDR」)「FUJIFILM DR CALNEO Smart S47」(以下、「CALNEO Smart S47」)を、富士フイルムメディカル株式会社を通じて平成28年4月15日より発売する。また、従来機(*2)と比べてさらなる軽量化とX線感度の向上を実現した17×17インチの「FUJIFILM DR CALNEO Smart S77」(以下、「CALNEO Smart S77」)も同日に発売。 なお、この2製品を、4月15日から17日までパシフィコ横浜で開催される「2016国際医用画像総合展(ITEM2016)」に出展する。平成26年12月に販売を開始した富士フイルムのカセッテDR「CALNEO Smart」シリーズは、独自開発のノイズ低減回路(*3)とISS方式(*4)の画像読取技術により低線量でも高画質なX線撮影が可能なだけでなく、独自のフレームによる高堅牢性と取り回しの良さ、抗菌コートによるパネル全面抗菌仕様などによって実現した高い実用性が評価され、導入施設から大変ご好評を得ている。

今回発売する「CALNEO Smart S47」および「CALNEO Smart S77」は、フラットパネルセンサの内部構造を見直したことにより、「CALNEO Smart」シリーズの特長を維持しながら、さらなる軽量化とX線感度の向上を実現したカセッテDRである。パネルの蛍光体には、温度や湿度などの環境変化に強いGOS(ガドリニウムオキサイドサルファ)を使用。大きな蛍光体粒子同士の隙間を小さな蛍光体粒子で埋めて密度を高めた独自設計の蛍光体層を採用している。X線感度を示すDQE(*5)は、GOS蛍光体で世界トップクラスの31%(*6)を実現。従来機よりX線感度がさらに向上した。また、「CALNEO Smart S47」においては、14×17インチサイズのバッテリー交換式カセッテDRとして世界最軽量の2.5kgを実現した。さらに、コンソール機能とビューア機能、ファイリング機能を集約した、クリニック向けの画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」(*7)と連携すると、胸部正面のX線画像から骨の陰影を低減して、肺野(*8)内の肋骨・鎖骨に重なる病変などを確認しやすくする「胸部アドバンス処理」といった、読影を支援するさまざまな画像アプリケーションを使用できる。これにより、読影時間の短縮化や読影精度の向上が期待できる。

articleffnr1066_img_01.jpg
*1 バッテリー交換式で、14×17インチのカセッテサイズデジタルX線画像診断装置として。平成28年4月1日現在。当社調べ。
*2 「FUJIFILM DR CALNEO Smart」シリーズのGOSタイプ。
*3 X線情報をセンシングする性能を高め、かつX線を低ノイズで検出することを可能とした電気回路。
*4 ISS(Irradiation Side Sampling)方式。従来型のFPDと反対側のX線照射面側にセンサーを配置し、X線の照射面側よりX線から変換された光信号を読み取る当社独自方式。
*5 Detective Quantum Efficiencyの略。X線情報を検出システムがどの程度無駄なく補足して画
像に役立たせているかの尺度。DQEが高いほど高画質な画像が得られ、低線量化が可能となる。 *6 X線撮影の測定条件として標準的な「線量1mR(ミリレントゲン)、周波数帯1cyc(サイクル)」の条件下において。
*7 富士フイルムの提供する、クリニック向け医用画像診断ワークステーション(販売名:富士画像診断ワークステーションCC-WS674型 認証番号;22200BZX00909000)。
*8 気管支の末梢から、その先にある肺胞に至るまでの部分。

詳細はこちらよりご覧ください

<お問い合わせ先>
富士フイルムメディカル株式会社
TEL 03-6419-8033
http://fujifilm.jp/