HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパス、細径で高画質・広い視野・高倍率を追求した大腸ビデオスコープを発売

[ 2016/03/01 ]

オリンパス株式会社は、大腸がんなどの検査・治療に使用される大腸ビデオスコープを、2016年3月1日から国内で販売開始する。細径※1ながらハイビジョンに対応、170度の広い視野角での観察をサポートする。さらに110倍※2の光学ズーム機能が搭載され、微細な血管や粘膜の表層模様まで再現する。

dfgb.jpg

大腸は4つの急峻(きゅうしゅん)な屈曲部と約120~150cmの長さを持つ臓器。また内部にはひだがたくさんあり、くまなく観察をするのは容易ではない。内視鏡による検査・治療においては、観察のしやすさ、挿入性と患者さんの負担軽減が課題となっている。本製品は、観察性能と挿入性の向上をサポートする技術を搭載したことにより、この課題解決を目指した新製品である。

なお、5月12日から14日にグランドプリンスホテル新高輪で開催される「第91回日本消化器内視鏡学会総会(会長:東海大学医学部医学科内科学系消化器内科学 峯 徹哉 領域主任教授)」で本製品の展示を行う。

※1先端部の外径は11.7mm、挿入部分の外径は11.8mm。
※2内視鏡用フルHDTV「OEV262H」を使用した場合。

詳細はこちらよりご覧ください

<お問い合わせ先>
オリンパス株式会社
http://www.olympus.co.jp