HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ジウン、医療用画像管理システム『SonicDICOM』新バージョンの海外向け販売開始

[ 2016/02/09 ]

~ 50以上の新機能を追加、簡易レポート機能など今後もさらに追加予定 ~
株式会社ジウンは、2016年2月1日、簡単に導入できる医療用画像管理システム『SonicDICOM(ソニック・ダイコム)』の新バージョン2.0.0の提供・販売を開始した。

LL_img_89861_1.jpg ■『SonicDICOM(ソニック・ダイコム)』の新バージョン提供の背景
SonicDICOMは、DICOM(*1)サーバー機能と、WEBブラウザでのDICOMビューア機能を兼ね備えたソフトウェア(PACS*2)である。誰でも簡単に操作できるシンプルなUIと高速な動作が特長。2013年のリリース以来、世界200か国以上で利用されている。

この度、世界各国から届く多くの要望に応えるため、1年間の開発期間をかけてユーザーインターフェースの改良と新機能の開発を行いSonicDICOMとしては初めての大規模なアップデートを実施。従来のバージョンからさらにパフォーマンスを高速化し、新たに50以上の機能を追加した。また個別のニーズに対応するため、ソフトウェアの個別カスタマイズやOEMも提供する。

■今回のバージョンアップの主な改良点
1. 検査画像の表示速度を大幅に向上
CPUマルチコア画像処理をサポートし、画像表示や操作にかかる時間を大幅に短縮した。大容量のマンモグラフィ画像やマルチフレーム画像などでもよりスムーズな表示や操作が可能になった。

2. ユーザーインターフェースの改良
何よりもシンプルさを損なわないことを重視し、多数の機能追加と同時に、より直観的なインターフェースを実現した。

3. 50以上の新機能を追加
数多くのユーザーからのご要望にお応えするため、50以上の新機能を追加した。 詳細については、製品ウェブサイト( https://sonicdicom.com/ )をご覧ください。

■試用版
下記のサイトから試用版をダウンロードすることができる。
https://sonicdicom.com/

※試用版には保存できる検査数(30件まで)とクライアントの接続数(5台まで)の制限があります。

■価格
オープン価格

■今後の予定
・簡易レポート機能の追加
・MIP・MPR機能の追加
・国内薬事承認申請(2016年内での承認を目指している)

*1 医用画像と通信の標準規格。DICOM規格に準拠した医用画像データのこと。DICOMサーバーを用いてそれらを保存管理し、DICOMビューアで閲覧する。
*2 CRやCT、MRIなどから発生するデジタルな医用画像データを保管、管理し、オンライン・ネットワーク上でやりとりする医用画像システム一式のこと。

<お問い合わせ先>
株式会社ジウン
TEL:092-626-7002 FAX:092-626-7022
URL: http://www.jiun.co.jp/