HOME > 新着ニュース

新着ニュース

パナソニック ヘルスケア、全国の医療機関・保険薬局、家庭からでも、服用情報を閲覧できるポータルサイト『chk4.me™(チェックフォーミー™)』をスタート

[ 2016/02/29 ]

パナソニック ヘルスケア株式会社は、電子版お薬手帳の情報(服用情報)を、全国の医師、薬剤師、またはご家族などと共有でき、閲覧できるポータルサイト『chk4.me™(チェックフォーミー™)』を4月1日に立ち上げる。

chk4.me(チェックフォーミー)

このサイトにより、電子版お薬手帳アプリ(※1)(例えば、ヘルスケア手帳®)の利用者は全国の医師、薬剤師、またはご家庭など、見せたい人にだけ、自分の意思で服用情報の共有ができるようになる。服用情報を閲覧する人は、利用者のスマートフォン端末を預かることなく、だれでもアクセス可能なポータルサイト上で簡単に確認ができるようになる。
お薬手帳は、患者が服用中の医薬品に関する理解を深めるとともに、医療関係者が副作用等を把握できる(※2)ため、電子版の手帳も、2016年4月から診療報酬算定上でも紙の手帳と同様の評価を受けるなど、普及が促進されている。また、医療機関や薬局での閲覧の際に、端末を手渡さずに確認できる方法や、どの機関でも閲覧できる仕組みも必要とされている(※3)。

当社は、電子版お薬手帳をもっと身近に、安心して利用いただくため、患者と医療関係者に、服用情報の共有や閲覧を簡単に安心して行える環境を実現する。

※1 アプリとは、アプリケーションの略で、応用ソフトを意味する。
※2 厚労省により公表された「健康サポート薬局のあり方について」(平成27年9月24日)。
※3 厚労省により公表された「平成28年度診療報酬改定について」(平成28年2月10日)。

<特長>
1. 全国の医療機関・保険薬局、ご家庭からでも、服用情報の閲覧が可能
ポータルサイトchk4.me(チェックフォーミー)にアクセスするだけで、利用者が記録した服用履歴が閲覧できるようになる。閲覧者側には特別な端末やソフトウェアは不要で、ウェブブラウザでサイトhttps://chk4.meにアクセスするだけである。

2. 閲覧者、利用者に必要な動作を低減した簡単な閲覧方式を採用
閲覧者、利用者ともワンアクションずつの動作で閲覧者の手元に利用者の服用履歴が表示される。

「ヘルスケア手帳®」サービス
2014年7月に業界で初めて(※4)、処方箋撮影から調剤完了通知までを一つのアプリで実現したサービスとして開始以来、2015年10月にグッドデザイン賞を受賞し、2015年12月には電子お薬手帳として初めて(※5)iPhoneの「ヘルスケア」アプリとの連係を開始した。現在、利用者は2.5万人を超え、全国の薬局で利用されている。これまで、ヘルスケア手帳をご利用いただいている薬局では、利用者がスマートフォンを手渡さずに、薬剤師が、記録されている過去全ての服用情報を閲覧することができた。今後は、このサイトchk4.me(チェックフォーミー)を通じて、ご利用いただいていない薬局だけでなく全国の医療機関、各家庭からでも、その利用者の管理する服用情報を、利用者の都度の承諾によって閲覧参照が可能となる。また本サービスでは、利用者はApp Storeや、Google Play™から無料でスマートフォンアプリをダウンロードし使用できる。

イメージ
20160229_01.jpg
20160229_02.jpg

App Storeからのダウンロードはこちら
Google Playからのダウンロードはこちら

※4 2014年7月1日現在、当社調べ。
※5 2015年12月18日現在、当社調べ。
<お問い合わせ先>
パナソニックヘルスケア株式会社
TEL 03-5408-7287
http://www.panasonic-healthcare.com/jp/