HOME > 新着ニュース

新着ニュース

「第5回 JIRA画像医療システム産業研究会」 開催のお知らせ

[ 2015/11/08 ]
  来る12月9日(水)、一般社団法人日本画像医療システム工業会 (JIRA) 主催による 「第5回 JIRA画像医療システム産業研究会  精神疾患 (認知症、うつ病) の予防と診断と治療~画像診断とロボット技術の応用~」 が、日中友好会館 (東京都文京区) で開催される。
 JIRAでは成長分野といわれている医療機器産業の発展への方向性や課題等について、医療・行政・産業界の立場か検討し理解を深めるために、「画像医療システム産業発展に向けて」 をメインテーマとした 「JIRA 画像医療システム産業研究会」 を企画し、年1回開催している。
 今回は、「精神疾患(認知症、うつ病)の予防と診断と治療」をテーマに取り上げ、精神疾患分野における有識者を招いて講演と質疑応答を行い、画像医療システム産業として目指す方向を明確にしていきたいとしている。同研究会への参加申込は次のとおり。

■日時:2015年12月9日(水)
  13:30~16:30 (受付開始13:10)

■場所:公益財団法人 日中友好会館 地下大ホール
  (東京都文京区後楽1丁目5番3号)

■参加費:JIRA会員 3,000 円/人 (税込)
     JIRA会員外 8,000 円/人 (税込)

■申込期限:2015年12月4日(金)
  ※ただし、定員 (150名) になり次第、締め切り。

■申込方法:下記JIRAホームページの「講習会情報」より申込みのこと
  https://www.jira-net.or.jp/kousyukai/seminar_list.cgi

■内容 (敬称略)
  【座長】和迩秀信 (JIRA理事/政策企画会議議長)

 ・開催挨拶:小松研一 (JIRA会長)

 ・テーマ選定の背景:和迩秀信

 ・認知症の画像診断「CT, MRI, PET, SPECTによる認知症画像診断の最前線」
  松田博史(国立精神・神経医療研究センター)

 ・認知症の予防と治療 「ニューロロジカル・セラピー用ロボット・パロによる非薬物療法と
  その科学的エビデンス」
  柴田崇徳 (産業技術総合研究所 人間情報研究部門)

 ・うつ病の画像診断「光トポグラフィー検査 (NIRS) による抑うつ状態の鑑別診断補助」
  福田正人 (群馬大学大学院 医学系研究科 神経精神医学)

 ・閉会挨拶:佐藤公悦 (JIRA理事/企業振興委員会委員長)

 ※休憩中にロボット・パロの実機デモ実施


■問い合わせ先   JIRA事務局 (担当:東)
TEL:03-3816-3450