HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ザイオソフト、医療機器認証ソフトウェア「ZioCube」を10月末よりダウンロード販売開始

[ 2015/10/29 ]

ザイオソフト株式会社は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法(以下、医薬品医療機器等法)」施行により、プログラム(ソフトウェア)単体でも医療機器として扱われることを受け、医療機器認証品として、3D 医用画像処理ソフトウェア「ZioCube(ザイオキューブ)」の発売を発表した。

ziocube_3D_550px.jpg
3D表示


■ソフトウェア単独での医療機器認証により広がる可能性
「ザイオステーション」シリーズをはじめとする、汎用画像診断装置ワークステーションは、2005年に旧薬事法において、コンピュータとソフトウェアとの組み合わせでの医療機器として定義されたもので、現在までに多くの医療施設での画像診断をサポートするツールとして普及してきた。

2014年に旧薬事法から改正された医薬品医療機器等法において、ソフトウェア単体で医療機器として位置づけられるようになったことを受け、同社では「ザイオステーション」シリーズの基本機能をコンパクトに収めたソフトウェアを開発し、医療機器認証品としてダウンロード販売することになった。これにより、使用場所や時間にとらわれることなく、いつでも医用画像を閲覧・処理することができるようになる。

■研究/教育用ソフトウェアのユーザ数に見る潜在的なニーズ
ザイオソフト株式会社では、2014年5月まで3D医用画像処理の普及のため、研究・教育用ソフトウェアの無償ダウンロードサービスを行っており、サービス開始から終了までの5年あまりで5,000以上の申し込みを受け付け、学会発表や医用画像処理技術の習得、また画像診断の手技の習得など、数多くの医師や放射線技師、学生などに利用されている。

「ザイオキューブ」が医療機器認証ソフトウェアとして発売されることにより、研究・教育用途に限らず、医療現場での診断や手術前のシミュレーション等に幅広い用途で利用できるようになる。同社は、先進医療をサポートする高度な画像診断技術をご提供すると同時に、施設の規模や目的に合わせて導入しやすい価格や機能の製品も充実させていき、画像診断の更なる普及と発展に寄与したいとしている。

ziocube_report_550px.jpg
レポート機能


■製品概要
・製品名:ZioCube(ザイオキューブ)
・発売日:2015年10月30日(予定)
・価 格:<個人向>38,800円(税込)/年
     <法人向>162,000円(税込)/買い切り
・販売方法:ダウンロード販売
・販売サイト:http://www.zio.co.jp/products/ziocube/

・一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
・販売名:ザイオキューブ
・医療機器認証番号:227ABBZX00097000

【お問い合わせ】
ザイオソフト株式会社
E-mail:zc_info@zio.co.jp
http://www.zio.co.jp/