HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ、「Global Standard CT Symposium 2015」開催

[ 2015/08/31 ]

さる8月29日(土)、東芝メディカルシステムズ株式会社は「Global Standard CT Symposium 2015」を開催した。ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京・赤坂)をメイン会場として、ほかに札幌、仙台、名古屋、鹿児島でもサテライト会場が設けられた。 同シンポジウムでは、同社Area Detector CT『Aquilion ONE ViSION FIRST Edition』と低線量撮影に関する最新技術を紹介するとともに、記念講演ならびに臨床講演が行われた。

02_300px.jpg
左から、片田和広先生(藤田保健衛生大学)、小野由子(海老名総合病院)。

03_600px.jpg
左から、富山憲幸先生(大阪大学)、井野賢司先生(東京大学医学部附属病院)、小林達伺先生(国立がん研究センター東病院)、宇都宮大輔先生(熊本大学)。

04_600px.jpg
左から、山下康行先生(熊本大学)、井田義宏先生(藤田保健衛生大学病院)、野澤久美子先生(神奈川県立こども医療センター)、粟井和夫先生(広島大学)。


講演に先立ち、同社代表取締役社長の瀧口登志夫氏が挨拶を行い、1975年に東京女子医科大学にて国内初のCT検査が行われ、同社がEMI社より導入し開始したCT事業は今年で40周年を迎えたことを報告。また、同社CT開発部の中西知氏より、「Aquilion ONE ViSION FIRST Editionの開発」と題した発表では、FIRST Editionのアルゴリズムを中心に説明が行われた。同社の推進している国内CT被ばく半減PROJECTにおいて、320列面検出器CT Aquilion ONEの国内稼働台数は318台に達し、AIDR 3D搭載CTの国内稼働台数は2,920台と実に国内CTの4台に1台を占めている(2015年7月時点)。

01_300px.jpg
左から、東芝メディカルシステムズ(株)の瀧口登志夫氏(代表取締役社長)、中西知氏(CT事業部CT開発部)。


同シンポジウム臨床講演の演題は次のとおり(敬称略)。

■記念講演
【座長】片田和広(藤田保健衛生大学医学部 先端画像診断共同研究講座)
・神経放射線とCT画像診断 ―国内CT導入40年の変遷と最新4D-CTA―
 小野由子(海老名総合病院 放射線科)

■Session1
【座長】富山憲幸(大阪大学大学院医学系研究科 放射線統合医学講座)
・CTの金属アーチファクトに対するアプローチ
 井野賢司(東京大学医学部附属病院 放射線部)
・Area Detector CTを用いた膵臓Perfusion
 小林達伺(国立がん研究センター東病院 放射線診断科)
・Area Detector CTを用いた心血管画像診断 ―治療方針につなげるCT診断を目指して―
 宇都宮大輔(熊本大学大学院生命科学研究部 放射線診断学分野)

■Session2
【座長】山下康行(熊本大学大学院生命科学研究部 放射線診断学分野)
・CTの診断参考レベルDiagnostic Reference Levels (DRLs)
 井田義宏(藤田保健衛生大学病院 放射線部)
・Area Detector CTを用いた小児画像診断
 野澤久美子(神奈川県立こども医療センター 放射線科)
・逐次近似再構成FIRSTのclinical capability ―CTのさらなる高画質化、低線量化へ向けて―
 粟井和夫(広島大学大学院 医歯薬保健学研究院 放射線診断学研究室)