HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパス、マルチデブリッター「DIEGO ELITE(ディエゴエリート)」を新発売

[ 2015/07/03 ]


耳鼻咽喉科領域などで内視鏡下手術の時間短縮などに貢献
マルチデブリッター「DIEGO ELITE(ディエゴエリート)」を新発売



オリンパス株式会社は、耳鼻咽喉科領域などでの内視鏡下手術に使われるデブリッターの新製品としてマルチデブリッター「DIEGO ELITE」を、2015年7月初旬から国内で発売。「詰まり除去機能」を搭載したアクセサリーや、高周波機能が搭載されたブレードなどにより、手術効率の向上・時間の短縮に貢献する。

デブリッターと内視鏡下手術
デブリッターとは耳鼻咽喉科領域における鼻副鼻腔粘膜や鼻骨など、生体組織の切除・吸引・切削に使われる治療機器である。組織を分割するブレード、ハンドピース、本体(コンソール)、吸引機、送水吸引チューブなどで構成されている。代表的な手術として内視鏡下副鼻腔手術(Endoscopic Sinus Surgery:以下ESS)があり、この手術では鼻の穴から内視鏡を挿入し、モニター画面を見ながら鼻内手術を行う。例えば慢性的な副鼻腔炎(通称:蓄膿症)などの治療が行われている。

●発売の概要(国内)
販売名・・・マルチデブリッターシステムDIEGO ELITE※1
発売予定日・・・2015年7月初旬
※1 ESSを行うためには本体(コンソール)、ブレード、フットスイッチ、ハンドピース、吸引機などと組み合わせて使う。

●主な特長の概要
1 詰まり除去機能により、ブレード内の組織詰まりを迅速に解消し手術時間の短縮に貢献
2 高周波機能が搭載されたブレードを使用することで速やかな止血操作に寄与
3 先端孔付きブレードのラインナップにより簡易吸引管として、出血点の迅速な視野確保をサポート

Microsoft%20PowerPoint.jpg
<お問い合わせ先>
オリンパス株式会社
URL: http://www.olympus.co.jp