HOME > 新着ニュース

新着ニュース

社会医療法人博愛会相良病院とシーメンス・ジャパン、最先端の乳がん医療を提供する新病院建設に伴い、パートナーシップを締結

[ 2015/05/14 ]

社会医療法人博愛会相良病院(以下、相良病院)とシーメンス・ジャパン株式会社(以下、シーメンス・ジャパン)はこのほど、最先端の乳がん治療などを行う女性医療センターの設立・運営に関するパートナーシップの基本協定を締結した。相良病院は、2013年 乳がんの手術症例数が616件と国内有数の実績を誇り、2014年8月には乳がん領域における「特定領域がん診療連携拠点病院」に全国で初めて指定された。今回のパートナーシップは、相良病院と、高機能・ 高品質な医療機器・サービスにおいて豊富なグローバル実績及び知見をもつシーメンスとの間で、共に日本発の先進女性医療のロールモデルを創り上げたい、という理念が一致し実現。

本パートナーシップにより、シーメンス・ジャパンは、相良病院が鹿児島市松原町に建設する乳がんを中心とする女性医療専門の新病院にて、早期発見から診断、治療、そしてアフターケアに至るまでの最適な医療機器や包括的なソリューションを一括提供する。新病院は、地上10階建と地上7階建の2棟で構成され、総面積12,000平方メートル、80床を有し2018年8月に竣工予定。新病院の建設により、博愛会が有する施設の総面積は、17,600平方メートルになる。新病院には女性医療のコミュニティの場として地元の方々や専門家が集うことができる共有スペースの設置など、地域活性化による街づくりも目指している。

2015.05.14_siemens.jpg

主なパートナーシップの内容は以下のとおり。
  • 新病院事業計画に対するコンサルテーション
  • 女性医療に最適なシーメンスの画像診断、治療ならびに検体検査に関する先進的な医療機器の提供
  • シーメンスのスタッフが常駐し、より迅速なサポートを提供する、新病院内へのサポートオフィス設置
  • 次世代装置の共同研究開発
  • 相良病院がシーメンスのグローバルリファレンスサイトとなり、グローバルレベルでの知識交流など様々な活動を通じて、先進女性医療のロールモデルとして相良病院のブランドを世界的に確立

記者発表では、本パートナーシップ締結について、シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEOの織畠潤一氏は、「『すべての女性へ最良・最適な医療を提供する』という共通の目的のために、高い専門性をもつ相良病院のパートナーに選ばれたことを大変光栄に思います。新たな最先端女性医療システムを創り上げるため、シーメンスのグローバルの知見やリソースを存分に投入し、この新病院計画を全面的にサポートしてまいります」と、述べた。

社会医療法人博愛会理事長の相良吉昭氏は、「日本で唯一の乳がん領域のがん診療連携拠点病院である相良病院の実績と、シーメンスの専門スタッフや高品質な医療機器が融合することで、アジアナンバー1の女性医療を展開できる環境が整うと考えます」と述べている。また、医療法人ブレストピア(宮崎)との業務提携が4月に行われ、さがらブレストピアヘルスケアグループが設立されたとの発表があった。これにより、癌研有明病院に次いで全国第2位の乳がん手術症例数を有するグループとなった。

2015.05.14_siemens_02.jpg

<お問い合わせ先>
シーメンス・ジャパン株式会社
TEL : 03-3493-7630
URL : http://www.siemens.com/entry/cc/en/