HOME > 新着ニュース

新着ニュース

フィリップス、大幅にモデルチェンジした日本仕様の超音波診断装置『EPIQ Evolution 1.0』発売

[ 2015/04/27 ]

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、4月27日より新型プレミアム超音波診断装置*1『EPIQ Evolution 1.0(エピック・エボリューション1.0)』の販売を開始することを発表した。

『EPIQ』は、2013年11月に国内で販売を開始したフィリップスの超音波診断装置のフラグシップ機であり、納入実績は全世界で6,500台を超えている。今回、発売される『EPIQ Evolution 1.0』は、この『EPIQ』を初めて大幅にモデルチェンジした新型装置となる。

今回のモデルチェンジにより、『EPIQ Evolution 1.0』は、さらなる画質と操作性の向上に加え、新機能の搭載が可能となった。新たに搭載される新技術Auto Registration(オート・レジストレーション)*2は、従来のマニュアル法と異なり、指紋認証と同様のアルゴリズムを用いることで、自動(オート)でCT/MRI/PETと超音波のフュージョンを可能にした。これにより、超音波診断装置と超音波診断装置以外の装置(CT/MRI/PET装置)の画像のコラボレーションが簡単かつ高精度で可能になり、日常臨床で身近に活用できるツールとなった。さまざまな領域(肝臓や腎臓などの腹部臓器、前立腺、脳血管など)における、超音波ガイド下治療や治療後評価への活用が期待されている。

Auto Registrationは従来の「点」や「面」で位置合わせする方法ではなく、「3次元」ボリュームデータを用いて自動フュージョンする方法となる。血管の立体構造をもとに位置合わせをするVessel Base(指紋認証)と、肝表面の立体構造をもとに位置合わせをするSurface Base(顔認証)の2種類の方法が選択できる。

AutoRegistration.jpg
Auto Registration:症例画像
超音波/CT画像(左上)、超音波画像(右上)、CT画像(左下)、3D-CT画像(右下)



Auto Registration機能の臨床使用経験について、これまでに1,000例以上のフュージョン使用経験がある、今井准教授(東京医大八王子医療センター 消化器内科)は、次のように述べている。「超音波で見えにくい病変や、多数の病変がある場合にどれを治療するべきか決定するのにフュージョンを使用しています。その時に、最も困ることは完全に画像の同期ができないことです。仕方がないことなのかもしれませんが、プローブを置く位置を大きく変えたり角度を変えると、位置がズレてしまいます。これまで、いろいろなメーカがさまざまな位置合わせの方法を提案してきましたが、どうしてもうまくいきませんでした。元々、フュージョンで同期がしっかりとできるとは思っていないのです。しかし、Auto Registration は取り込んだボリュームデータを使って、3D同士で位置合わせをします。肝右葉でデータを取り込んだ後に、左葉に移動したり、プローブの角度を変えたりしても位置がまったくズレないで、位置が“ぴったり”合うということは本当に初めての経験だったので、非常に感動しました」*3

フィリップスの超音波診断装置は世界2位のシェアを誇るが、日本国内でのシェアはまだ上位には達していないことから、昨年は日本仕様のVersion1.2を導入。そして今回の『EPIQ Evolution 1.0』も日本のユーザニーズを大幅に取り入れた日本仕様で国内シェアの拡大を図るとしている。『EPIQ Evolution 1.0』の希望販売価格は1億円(税込、仕様により異なる)で、国内初年度の販売台数は約200台を見込んでいる。

*1 フィリップス社製超音波診断装置内での位置づけ
*2 オプション
*3 個人の感想であり、性能等を保証するものではない

【お問い合わせ】
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口
TEL:0120-556-494
http://www.philips.co.jp/