HOME > 新着ニュース

新着ニュース

富士フイルム、世界初 広範囲のX線撮影に最適なDR方式ロングサイズパネル デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO GL」新発売

[ 2015/03/26 ]


全下肢領域や全脊椎領域などをワンショットで撮影でき、撮影効率が大幅に向上


富士フイルム株式会社は、全下肢領域や全脊椎領域などの広範囲をワンショットで撮影できる、世界初のロングサイズ(17×49 インチ)DR方式・デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO GL(カルネオ ジーエル)」を、平成27年4月1日より富士フイルムメディカル株式会社を通じて発売。

近年、高齢化社会を背景に、一般的に 50 代以降の方が発症しやすいといわれる膝関節疾患の患者が増えており、これに伴って全下肢領域のデジタルX線撮影件数も増加している。全下肢領域は撮影範囲が広く、一般的に17×17 インチサイズのX線画像診断装置を使って、2~3 回に分割して撮影する。この間、患者は膝関節の痛みに耐えながら、撮影画像がぶれないよう直立不動を維持しなければならない。自分で直立できない場合は、体をバンドで固定して撮影するなど、大きな身体的負担が伴う。また、若年者に発生する脊椎側弯症においても、全脊椎領域を撮影することが多く、広範囲のX線撮影のニーズは増えている。


articleffnr0966_img_01.jpg


今回発売する「カルネオ ジーエル」は、全下肢領域や全脊椎領域など広範囲を一度に撮影できる、世界初のロングサイズ(17×49 インチ)DR 方式・デジタルX線画像診断装置である。長辺が従来の約3倍の49インチあるため、ワンショットで広範囲の撮影が可能。従来のようなX線発生部とDRパネルをずらしながらの分割撮影や、撮り終えた複数の画像を1枚に合成するなどの煩雑な作業がなくなるため、撮影効率が大幅に向上。また、撮影の所要時間も短縮され、患者の身体的負担が大幅に軽減される。本製品には、X線変換効率を大幅に向上させ、少ないX線量で鮮明な画像を得ることができる独自画像読取方式のISS方式を採用。さらに、当社独自のノイズ低減回路を搭載したことにより、透過時にX線が吸収されやすく、撮影画像のコントラストが低下する心臓や縦隔部、骨盤などの低濃度部領域のノイズを大幅に抑制し、鮮明に描出することができる。

富士フイルムは、医療現場のさまざまな医療ニーズにいち早くお応えし、さらなる画像診断の効率化と医療の質向上に貢献する。

本製品の詳細は、下記ウェブページをご覧ください
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0966.html

<お問い合わせ先>
富士フイルムメディカル株式会社
営業本部 マーケティング部
TEL : 03-6419-8033
URL: http://fms.fujifilm.co.jp/index.html