HOME > 新着ニュース

新着ニュース

フィリップス、世界最大の女子マラソン「名古屋ウィメンズマラソン」を オフィシャルサプライヤーとして国内マラソン大会最多のAED 135台で4年連続サポート

[ 2015/02/19 ]
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、3月8日に愛知県名古屋市で開催される「名古屋ウィメンズマラソン2015」のオフィシャルサプライヤーとして、今年もマラソンコース沿道にAED(自動体外式除細動器)を適正配置し、ランナーの安全をサポートする。

フィリップスは2012年の第1回大会から「名古屋ウィメンズマラソン」をAEDでサポートしており、4年目となる今年も、国内マラソン大会最多となる135台のAEDで安全な競技運営をサポートする。

近年、マラソンのようなスポーツにおいて、選手の安全を支えるのにAEDのサポートは不可欠なものとなっている。マラソンで最も懸念されることの1つが突然の心停止である。突然の心停止を起こした人の救命の可能性は時間の経過とともに低下するため、ただちに胸骨圧迫などの心肺蘇生を行い、AEDを使用した救命処置を行うことが非常に重要となっている。

フィリップスは「発見から3分以内の除細動の実施」を実現するため、日本国内のマラソン大会で最多となる135台のフィリップス社製AEDを、コース沿道に500メートル置きに配置し、安全な競技運営をサポートする。

フィリップスは今後とも、世界的なAEDのリーディングカンパニーとして、継続的に日本におけるAEDの普及・啓発・適正配置に努め、より安全な日本の社会の構築に貢献していく。

Philips%20AED.jpg

AEDの適正配置とは?
2012年に日本循環器学会AED検討委員会および日本心臓財団が「AEDの具体的設置・配置基準に関する提言」を発表し、AEDは施設に1台あれば良いのではなく、使用する環境にあわせて設置台数を考慮し、戦略的・効果的に設置する必要があると提言した。つまり、突然の心停止発生から素早く除細動を行うことで生存率・社会復帰率が向上することから、その場に居合わせた人が迅速に救命処置を行えるよう、AEDがすぐに使える場所に効果的に設置されていること=「適正配置」が重要なのである。

AED(自動体外式除細動器)について
AEDの詳細についてはホームページをご覧ください。
(http://www.philips.co.jp/aed/index.page)