HOME > 新着ニュース

新着ニュース

EIZO、仮想デスクトップ向けの取り組みを強化

[ 2015/01/14 ]
EIZO株式会社は、病院や金融機関、官公庁などで利用の拡大が進んでいる仮想デスクトップ環境※について、同社製品における対応を進め、同市場でのビジネスの強化を図る。

※デスクトップの仮想化とは
サーバー上でクライアントPCのデスクトップ環境を稼働させて、そのデスクトップを他のPCやタブレット等のクライアント端末に映し出す技術。使い慣れたデスクトップを場所や時を選ばずに利用できることによる業務効率の向上や、情報漏えいのリスク軽減および管理コストの低減が可能であることから、近年のサーバ/ネットワーク技術の進展に伴って普及している。



1. メディカルモニタ用品質管理ソフトウェアの互換対応 病院における仮想デスクトップ環境を導入する際には、医療システムとの互換性の確認が不可欠だが、検証作業には負荷が伴う。そこで同社は、モニタ品質管理ソフトウェア 「RadiCS」 のバージョンアップを行うことで、仮想デスクトップ環境との互換性を確保した。ネットワーク管理ソフトウェア「RadiNET Pro」と組み合わせることで、仮想デスクトップ環境での病院内のモニタ一元管理を可能にしている。また、仮想デスクトップ環境の導入に際して事前の動作検証やソリューション提案も随時行っていく。

2. クライアント端末をモニタに取り付け/一体化できる製品のリリース 同社液晶モニタ「FlexScanシリーズ」の背面部へ各社のクライアント端末を取付けて一体化できる製品を開発中。液晶モニタとクライアント端末を一体化することで、仮想デスクトップ環境導入で期待される機器の接続配線のシンプル化や設置の省スペース化をさらに促進できる。製品の発売は、2015年3月を予定している。

3. 各社クライアント端末との動作検証と互換情報の提供 同市場の有力メーカ各社から発売されるクライアント端末主力モデルについて、順次動作検証を行い、互換情報を公開していく予定。特に仮想デスクトップの導入ニーズが強い金融機関では、複数台の液晶モニタを組み合せて構成する「マルチモニタ」での使用が多いため、マルチモニタ時の動作検証についても併せて実施する。仮想デスクトップ環境導入の際に、安心して採用できる互換検証済みの液晶モニタを各種取り揃えることで、ユーザの利便性を高める。

同社液晶モニタ製品と各社クライアント端末の最新の動作検証結果は、EIZO Webサイトで順次公開を行っていく。
互換性情報:http://www.eizo.co.jp/support/db/products/compatibility


【お問い合わせ先】
EIZO株式会社
営業1部 フィールドソリューションビジネス課
TEL:03-5715-2011 FAX:03-3458-7001