HOME > 新着ニュース

新着ニュース

X線TVシステム「SONIALVISION G4」にトモシンセシス搭載開始

[ 2014/12/17 ]
 島津製作所は、X線TVシステム 「SONIALVISION G4」 向けに、1 回の断層撮影で任意裁断高さの断層画像を提供するトモシンセシスアプリケーションを発売した。

 同社は、トモシンセシスをX線TVシステムのフラッグシップモデルである 「SONIALVISION Safire」 に搭載している (オプション) 。10 年以上にわたり研究と改良を重ねてきたFPDによるトモシンセシスは、被ばく線量と金属アーチファクトを低減しつつも高精度な断層画像を得ることができるため、整形外科領域や胸部領域、消化器領域などにおいて新たな付加価値を与えるアプリケーションとして活用されている。


 今回、より多くの臨床現場でトモシンセシスが活用できるよう、多様な検査やさまざまな検査環境に柔軟に対応する多目的X線テレビシステム 「SONIALVISON G4」 へのトモシンセシスの搭載を開始した (オプション)。同社は、「SONIALVISON G4」 にトモシンセシスの他、歪みの少ない長尺画像を提供する 「SLOT Advance」 、骨密度測定を可能にする 「Smart BMD」 をアプリケーションとしてラインナップしている。これら新たな臨床価値を提供する多彩なアプリケーションにより、臨床現場における検査・診断を強力にサポートするとともに、医療機関におけるX線TVシステムの稼働率の向上にも寄与する。


■新製品の特長
1.1回の撮影走査で任意断層面を簡単に観察
 1 回の直線断層走査から得られる撮影データから、複数枚のデジタル断層画像を簡単に得られる。また得られたデータより断層面を何度も再構成できるため被ばく線量を低減でき、さらにコリメーションによりX線照射視野を絞ることで、観察部位以外への被ばくを避けることができる。

2.立位など自由な体位で撮影可能
 さまざまな寝台角度での撮影が可能であり、脊椎や両膝の関節など17インチの広い範囲を立位にて荷重を加えた自然な体位で観察できる。

3.金属アーチファクトの低減
 整形外科領域にて、ボルトやプレートなど金属固定された部位の術後の経過観察を行う場合に、画像診断を困難にしている金属アーチファクトが抑えられるため、骨の癒合状態などの金属周囲の骨評価が容易になる。


%E5%B3%B6%E6%B4%A5141217.jpg  写真:トモシンセシス画像


■価格  3,000 万円~(税別)
■製造販売認証番号 224ABBZX00052000


【お問い合わせ先】
 島津製作所 医用機器事業部 グローバルマーケティング部 販売促進グループ
 〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1 TEL:075-823-1271