HOME > 新着ニュース

新着ニュース

脳機能計測を実現するポータブル近赤外光イメージング装置2種を発売

[ 2014/11/19 ]
 株式会社 島津製作所は、小型化・軽量化によって場所を選ばず脳機能の計測が可能な近赤外光イメージング装置「SPEEDNIRSスピードニルス」(医療用)/研究用ポータブル光脳機能イメージング装置「LIGHTNIRSライトニルス」(研究用)を発売した。

 近赤外光イメージング装置は、生体透過性の高い近赤外光を頭部に照射し、生体内で散乱・吸収されながら反射される光の一部を検出することで、脳表面の活動状態をリアルタイムに可視化できる。安全かつ自然な状態で脳の活動状態を測定することができるという特長があり、うつ病の鑑別診断補助として保険適用を受けている。
 また、医療以外でも発達心理学や教育学、認知科学や工学分野など脳機能計測の幅広い研究分野において用いられており、“ニューロマーケティング”という世界を切り拓いたユニークな装置である。

%E5%B3%B6%E6%B4%A5NIRS141119.jpg
             ◆医療用                     ◆研究用


 医療用SPEEDNIRS は、本体を卓上で使用できる近赤外光イメージング装置として初めて薬事認証を受けた製品。うつ病の鑑別診断補助(2014年4月に保険適用)として問診での診断に客観的なデータを加えることで適切な治療に役立てたり、脳卒中の回復期のリハビリテーションの訓練効果を客観的に評価するなどの用途が期待される。
 研究用LIGHTNIRS は専用のキャリーバッグを用い、装置本体を背中もしくは腰周りに装着できるウエアラブルタイプ。脳活動から消費者の嗜好や意思決定プロセスなどを探ることを目的として近年研究が盛んに行われているニューロマーケティングや、複数人での同時計測による多人数間のコミュニケーション等の研究や、脳信号をリアルタイムに処理し外部機器などを制御するブレインマシーンインタフェイスの研究など、脳科学応用市場での活用が可能。
 いずれの用途においても、拘束性が低く、日常生活に近い状況下での測定が可能なため、幅広い脳機能評価を行えることが特長です。コンパクトで特別な設備を必要としないため、大学病院や研究機関だけでなく、小規模な精神科病院やクリニック、診療所や一般病院、民間企業などで幅広く使用できる。

 本装置は従来製品に比べ大幅に小型・軽量化することで、優れたポータビリティーを実現した。認知機能用、運動機能用、精神科用と用途および測定部位によって専用プローブを選択して使用できる。.同社の歴代の近赤外光イメージング装置とデータの互換性があり、継続的な使用が可能。

本体サイズ:250(W) × 70(H) × 200(D)mm(突起部は含まず)
重 量  :1,600g


【本製品についてのお問い合わせ先】
<医療用> 島津製作所 医用機器事業部
        グローバルマーケティング部 販売促進グループ
        TEL:075-823-1271

<研究用> 島津製作所 分析計測事業部
        ライフサイエンス事業統括部 バイオ臨床ビジネスユニット
        TEL:075-823-1351