HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シーメンス、世界初ケーブルレスプローブ搭載の超音波画像診断装置『ACUSON Freestyle』販売開始

[ 2014/04/02 ]
シーメンス・ジャパン株式会社は、世界初のケーブルレスプローブを搭載した
超音波画像診断装置『ACUSON Freestyle (アキュソン フリースタイル)』の販売を4月2日より開始した。

※2014年4月2日現在 自社調べ


ACUSON_Freestyle.jpg
ケーブルレスプローブ搭載 超音波画像診断装置『ACUSON Freestyle』


これまでのケーブルがあることによる課題を解消し、「ワークフローの向上」、「拡がる装置レイアウト」、
「自由なアプローチ」、「感染リスクの低減」を実現する。年間目標販売台数は年間200台を予定している。


siemens01.jpg
日本における画像診断に対する同社取り組みを語る
シーメンス・ジャパン(株)代表取締役社長兼CEO 織畠潤一 氏



『ACUSON Freestyle』は、特に被検者の傍で迅速な検査を行うことに注力して開発されており、
シーメンスでは検査者(装置)が患者のもとへ行き、患者の近いところで検査を行うという
「Point of Care」というコンセプトを打ち出している。装置起動は30秒以内、
ケーブルレスプローブはバッテリ駆動で最大90分の連続使用が可能となっている。
また、画像を構築するために必要な膨大な量のデータ通信は、これまで主に軍事用途で
使われていた高精度な無線通信技術「ウルトラワイドバンドテクノロジー(UWB)」を利用。
十分な情報伝送量により高いリアルタイム性を実現し、電波干渉・混線の影響が
きわめて少ないため、ケーブルレスでありながらも妥協のない高画質の画像を提供する。


siemens02.jpg
シーメンスの超音波診断装置について語る
同社クリニカルプロダクト事業本部 超音波ビジネス本部
本部長 下山俊介 氏



『ACUSON Freestyle』の特長
■ワークフローの向上
 ケーブルレスは「Point of Care」の現場で、より快適なワークフローを実現し、
実際に検査を行うユーザのストレスを低減するだけでなく、清潔区域で操作補助するときの煩わしさ、
装置移動の際のケーブル巻き込みによる断線リスクなども取り除くことで、
周囲の医療従事者のワークフローも改善。

■拡がる装置レイアウト
 これまで、ケーブルの長さや操作パネルまでの距離などの問題から検査室内での
装置レイアウトは限定され、超音波画像診断装置の移動だけでなく血管撮影装置の
Cアームの動きやモニタの設置場所にも配慮が必要だったが、『ACUSON Freestyle』は、
約3mという広範囲でプローブから装置本体の遠隔操作が可能なため、
多くの医療機器や機材が密集するエリアでも、最適な場所に装置を配置することが可能。

■自由なアプローチ
 ケーブルレスによって、正確な診断のために「診たい部位」を「診たい方向から」
自由にスキャンすることができる。検査時の無理な体勢でのスキャンが必要なく、
検査実施者にとっては手首への負担が軽減される。また、疾患や状況により体を動かすことが
危険・困難な患者にとっては、安全で無理のない体勢で検査を受けることが可能。

■感染リスクを低減
 手術室などで清潔区域を維持することは不可欠である。これまでの超音波診断装置では、
滅菌カバーをプローブのみならずケーブルまで含めて被せる必要があったが、
ケーブルレスプローブであれば、プローブのみを滅菌カバーで完全に覆うことができ、
患者への感染リスクも低減できる。


siemens03.jpg
『ACUSON Freestyle』のデモをしながら説明する
同社プロダクトマネジメント部 平山秀男 氏


【お問い合わせ】
シーメンス・ジャパン株式会社
http://www.siemens.co.jp/Freestyle