HOME > 新着ニュース

新着ニュース

泌尿器科領域に新技術、MRIガイド下前立腺生検システム「DynaCAD」

[ 2013/10/01 ]
さる9月30日(月)、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは品川本社にて、従来法生検の死角をなくすMRIガイド下前立腺生検システムの新製品についての記者説明会を開催した。 本システムは前立腺がん診療における生検をMRI装置のガイド下で行うシステムであり、日本に導入するのはフィリップスが初となる。同システムは11月から販売が開始される。

前立腺生検とは、前立腺がんが疑われるときに行なわれる検査である。最近は、PSA腫瘍マーカによるスクリーニング検査が広く使われるようになり、精密検査に回る件数が増えている。前立腺を調べるには、肛門から指を挿入して触れる直腸診がある。硬い、凹凸がある、圧痛があるなどで、前立腺がんの疑いが強い場合には、超音波検査やMRI検査を行う。診断を確定するために、超音波ガイド(超音波診断装置の画像を見ながら病変部の位置を見極めること)で前立腺に針を刺して疑わしい組織をとり、染色してがん細胞を調べる検査が一般的に行われている。

フィリップスが発表した「DynaCAD」(ダイナキャド)を用いたMRIガイド下(MRI画像を見ながら病変部の位置を見極めること)生検では、高コントラストで撮像したMRI画像でリアルタイムにバイオプシーシミュレーション(病変までの距離、角度など)を行い、病変部を的確に捉えることを可能にした。さらにフィリップスではMRI対応(非磁性体)の針を独自に開発し、強い磁気を発生しているMRI装置内での歪を軽減し、病変部に針が到達している様子の画像化にも成功した。この新技術により、従来法生検で検出が難しかった部位の前立腺がんを採取・診断することが可能となる。

日本で初となるこの新生検手法の臨床的効果を立証するため、「DynaCAD」は今年の7月より臨床評価を開始して、期待を上回る臨床結果を得ている。発表会では、臨床評価に当たった熊本中央病院放射線診断科 部長 片平 和博 先生より、MRIガイド下前立腺生検の臨床的有用性について講演が行われた。片平先生は、「従来の生検手法ではがん細胞を検出することが困難であった患者さんにMRIガイド下生検を用いたところ、すべての患者さんでたった1回の検査で病変部を採取することができました」と、新技術の革新性を力説していた。MRIはT2WIやDWIで前立腺がんを明確に捉えることができるうえ、悪性の度合いなどの判定も可能なことが多い。
超音波検査では前立腺の部位により描出できないがんがある。さらに周辺部は神経が張り巡らされており、系統的生検(ランダム生検)で処理せざるを得ないため、擬陰性の可能性が30%もあるという。

MRIガイド下前立腺生検システム「DynaCAD」は、以下により構成される。
1)画像処理用/バイオプシー用ワークステーション
2)ニードルガイド
3)ダイナトリム
4)MRI用生検針

希望販売価格は4000万円~(税込)。主に前立腺がんの手術件数が多い基幹病院などに国内初年度は約20台の導入を見込んいる。本システムは既存のフィリップス製MRI装置にも取り付け可能なので、導入コストも抑えることができる。

◆「DynaCAD」導入の背景
説明会の冒頭に同社の代表取締役社長 ダニー・リスバーグ氏が、「DynaCAD」導入の市場について説明を行った。
<要旨>
がんは、1981年から日本人の死因の第1位を続けている。3割の人ががんで亡くなっている。このがんの中でも、前立腺がんは恐ろし勢いで増え続け2020年には日本人男性のがんのトップになると予測されている。

前立腺がんは、罹患率は60歳を過ぎると急激に増加して、65歳以上で90%を占める。まさに高齢者の病気である。10年後には、罹患数は12万人になるとの予測もあるが、これは乳がんの倍にもなる。フィリップスは、日本の高齢化を見据えて『MRIガイド下前立腺生検システム「DynaCAD」の導入を決定した。
DynaCAD_01.jpg
「DynaCAD」ワークステーション

DynaCAD_02.jpg
シミュレーション画像

DynaCAD_03.jpg
生検用固定具

DynaCAD_04.JPG
片平和博氏

DynaCAD_05.JPG
ダニー・リスバーグ氏