HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ、世界初「医療用裸眼3Dディスプレイ」発売開始

[ 2013/09/05 ]

東芝メディカルシステムズ株式会社は、医療用画像を裸眼で立体視できる「医療用裸眼3Dディスプレイ」を開発し、9月5日より販売を開始した。

本ディスプレイを用いることで、同社のエリアディテクタCTシステム『Aquilion ONE/ViSION Edition』で撮影された医療データを立体視メガネを用いることなく3D画像として見ることができる。主な特長は以下のとおり。

1)『Aquilion ONE』と連動した裸眼立体表示
 『Aquilion ONE』で撮影した幅160mmのボリュームデータを裸眼で3D映像として見ることができる。320列のエリアディテクタを搭載する『Aquilion ONE』のスキャンは0.275秒/回転と高速で、空間分解能0.5mmをもつ撮影ボリュームデータには時相ずれがないため、血管、骨、臓器および疾患部の立体構造を高精細に表示する。高精細な画像や動画を裸眼で立体視できるため、脳外科手術や内視鏡手術などの術前シミュレーションや術中参照で役立つものと期待される。

2)グラスレス3D専用液晶パネルを用いたインテグラルイメージング方式
 4K2K解像度をもつ液晶パネルの表面にレンチキュラシートを貼り付けた東芝グラスレス3D専用液晶パネルと、異なる9視点からの3D画像(視差画像)を同時に表示するインテグラルイメージング方式により、高解像度で立体感のある3D画像を表示する。複数人が同時に3D画像を見られるため、手術計画だけでなく、患者説明や医学教育にも役立つものと期待されている。

3)高速レンダリングエンジン
 9視点からの高精細な3D画像を表示するため、高性能グラフィックスプロセッサ(GPU:Graphics Processing Unit)による高速レンダリングエンジンを搭載。GPUエンジンは従来のソフトウエアエンジンに比べて約10倍の性能をもち、ボリュームデータの回転などの画像表示操作を行った際にも常に高画質で滑らかな3D画像を表示する。

4)独自の立体感制御技術
 さまざまな対象を撮影したTV映像と医療画像では奥行の特性が大きく異なるため、インテグラルイメージング方式の解像度特性を踏まえて、表示ボリュームデータの関心領域における立体感が常に最適となるように制御するソフトウエアを搭載している。


東芝メディカルシステムズ株式会社は、320列のエリアディテクタを搭載し、1回転で160mmの範囲を撮影可能な『Aquilion ONE』を世界で740台受注している(2013年7月現在)。 また、主要臓器を1回転で撮影することができ、時相のずれのないボリュームデータの撮影が可能である。さらに、『Aquilion ONE』は連続的に撮影を行うことで動態情報の取得が可能で、このような動態情報も含めた高精細な3D画像を表示できるのは、今回の医療用裸眼3Dディスプレイが世界初となる。

時相ずれのない高精細な3D画像は血管、臓器、疾患部の位置関係を把握するために脳外科手術や内視鏡手術などの計画に広く利用されているが、これまでのディスプレイでは複雑な立体構造を3次元のまま表示することは難しかった。そこで、同社では2011年より独立行政法人 国立がん研究センターと共同で、株式会社東芝で開発されたグラスレス3Dテレビの技術を医療応用するための研究を進めていた。その結果、東芝グループ内の技術を活用し、ユーザの視点に立った新しい顧客価値の創造を目指すニュー・コンセプト・イノベーションの1つとして、医療用裸眼3Dディスプレイを製品化するに至った。



国立がん研究センター中央病院 脳脊髄腫瘍科の成田善孝氏は、この医療用裸眼3Dディスプレイの奥行き把握試験を脳神経外科医20名を対象に実施したところ、91.7%もの正答率が得られたという調査結果を示した。従来のMR血管撮影に影をつけるなどしてコンピュータ処理したボリュームレンダリング加工による表示での正答率56.7%と比較しても、優れた奥行き表示能力が実現されていることがわかる。また、医療用裸眼3Dディスプレイを使うことで、誰でも立体構造を理解できるようになるため、教育への応用にも非常に有用であると期待を寄せている。


■販売名:東芝スキャナ Aquilion ONE TSX-301C
■薬事認証番号:224ACBZX00004000


【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ株式会社
http://www.toshiba-medical.co.jp/