HOME > 新着ニュース

新着ニュース

日立メディコ、16列マルチスライスCT装置『Supria(スプリア)』発売

[ 2013/08/20 ]
株式会社日立メディコは、先進技術を搭載したオープン&コンパクトな16列マルチスライスCT装置『Supria*1(スプリア)』の発売を発表した。

16列CT装置としてトップクラス*3の開口径(75cm)というオープンデザインを実現しながら、ガントリの大きさを抑えたコンパクトデザインをコンセプトにしている。また、同社従来機種よりユニットが1つ少ない3ユニットを実現したことにより、従来よりコンパクトな検査室でも設置可能となった。

さらに、『Supria』は、逐次近似再構成を応用した先進のノイズ低減技術「Intelli IP*1(Advanced)」をはじめ、上位機種である当社64列/128スライスCT装置『SCENARIA*1』で採用した先進技術を多数搭載している。短時間撮影でも高精細な画像を得られるとともに、同社従来機種と比べて操作性の向上を図っている。

日本の65歳以上の人口が総人口に占める割合(高齢化率)は、2012年に24%を超え*2、医療分野では高齢者に対応した検査や治療が求められている。また、2011年の原子力発電所事故以降、X線被ばくに対する懸念も高まっていることから、医療分野においても被検者や医療従事者に対する被ばく低減が求められているという背景がある。


■主な特長
1)オープンかつコンパクトなデザイン
 同社CT装置『SCENARIA』は、被検者に安心感を与えるように、広い開口径(75cm)に代表されるオープンデザインを採用し、国内外において高い評価を得ている。『Supria』もこれを継承し、被検者の圧迫感が少なく、位置決めなど使い勝手を高めるために、16列CT装置としてトップクラスの開口径(75cm)を実現。
 また、『Supria』はガントリ、寝台、操作卓という3ユニット構成を実現しており、必要ユニット数が少なくなったことで検査室のスペースを有効活用ができる。

2)先進のノイズ低減技術を標準装備
 『Supria』に標準搭載する「Intelli IP(Advanced)」は逐次近似再構成の原理を応用した先進のノイズ低減技術で、CT装置の被ばく低減効果とノイズ低減による高画質化が期待できるほか、撮影条件や目的に応じてノイズ低減レベルを7段階から選択することができる。

3)高速回転と高精細画像の両立
 1秒未満の高速回転と同社CT装置『SCENARIA』と同等の最小スライス厚0.625mmを実現し、胸部(30cm)であれば7~8秒、胸腹部(50cm)であれば12~13秒の短時間撮影が可能。また、同社開発の3次元画像再構成アルゴリズムを採用し、アーチファクトを低減した高精細な画像を提供する。

4)直感的に操作可能なユーザインタフェイス
 24型ワイドモニタで、検査に必要な情報を一目でわかりやすく表示。撮影専用ボタンはキーボードのすぐ上に配置し、2モニタ方式と比べてコンパクトな操作環境を実現。また、高機能ユーザインタフェイスや操作ボタンが少なく文字も大きな簡単操作モードなども装備し、直感的な操作を実現。

5)豊富な解析アプリケーションソフトウェア
 CT装置本体コンソールや院内ネットワーク内の画像解析環境「Hyper Q-Net*1 R*4」で、さまざまな目的に対応したアプリケーションソフトウェアを使用可能。「fatPointer*1*4」は、腹部CT画像から内臓脂肪と皮下脂肪に相当するCT値面積を算出するソフトウェアになる。また、「Dental Analysis*4」は、歯顎部CT画像から歯顎の任意断面を作成、表示するソフトウェア。

*1)Supria、Intelli IP、SCENARIA、Hyper Q-Net、fatPoitnerは株式会社日立メディコの登録商標
*2)平成25年度版 高齢社会白書(内閣府) 第1章 第1節 高齢化の状況 2頁
*3)2013年8月現在同社調べ
*4)オプション機能


■販売名称
全身用X線CT診断装置 Supria
(医療機器認証番号:225ABBZX00127000)

■定価(標準構成)
7億円(システム構成により価格は異なる)


【お問い合わせ】
株式会社日立メディコ
CT・MRマーケティング本部
TEL:03-3526-8305
http://www.hitachi-medical.co.jp/