HOME > 新着ニュース

新着ニュース

シンクライアント ビューワシステム 「SYNAPSE ZERO (シナプス ゼロ)」を発売(富士フイルム)

[ 2013/04/04 ]

スマートフォンやタブレットPC上でPACSの医用画像を閲覧できる
シンクライアント ビューワシステム 「SYNAPSE ZERO (シナプス ゼロ)」

カンファレンスなど院内外のさまざまなシーンで医師の診断・治療をサポート
新発売



富士フイルム株式会社は、PACSで管理されている医用画像をスマートフォンやタブレットPCなどのさまざまな端末上で表示し、院内外のさまざまシーンで医師の診断・治療をサポートするシンクライアントビューワシステム 「SYNAPSE ZERO」 を、富士フイルムメディカル株式会社を通じて5月10日より発売する。c
近年、医療現場では、iPhoneやiPadなどが普及し始めており、データ通信の高速化や通信回線の低価格化によって、これらの携帯端末を利用しPACSで管理されている医用画像を院内外から迅速に閲覧したいというニーズが高まっている。

今回発売する 「SYNAPSE ZERO」 は、PACS市場で国内トップシェアの当社 「SYNAPSE」とシームレスに連携し、SYNAPSEに蓄えられた画像を、権限をもった医師が普段利用している携帯端末上で閲覧できるシステムである。シンクライアント方式を採用することで、画像表示に必要なビューアを携帯端末にインストールする必要がなく、ブラウザからログインするだけで画像を閲覧できる。また、院内外のさまざまな場所から携帯端末の機種やOSを選ばず使用できる。

本システムを利用すれば、携帯端末上で、過去に撮影したX線やCTの診断画像のリストを患者別に一覧で表示したり、特定の画像を選択して拡大表示が可能である。病棟で医師が回診する際に、画像を参照しながら患者の治療経過を確認したり、手術前後の治療方針説明を病棟のベッドサイドで患者に対して画像を見せながら行うことができる。このほか、院内で医師同士が画像を閲覧しながらカンファレンスを行ったり、院外から画像を確認することもでき、医師の診断・治療をサポートする。

さらに、万一スマートフォンなどを紛失してしまった場合に備え、端末に画像や患者情報を保存しない仕組みを採用している。個人情報の匿名化機能を搭載するなど、第三者が画面を見てもデータの属性がわからないようにセキュリティ対策が施されており、安心して利用することができる。院外でのアクセス時には、IPSec-VPNや電子証明書を利用することにより、各種ガイドラインで求められるセキュリティ条件をクリアしている。

 「SYNAPSE ZERO」

 「SYNAPSE ZERO」


<主な特長>
(1) ブラウザ上で医用画像の閲覧が可能
スマートフォンやタブレットPCなどのブラウザから本システムにログインするだけで、簡単に医用画像を閲覧することができる。CR/DRなどのX線画像、CTやMRIなどの断層画像、超音波画像や内視鏡画像など、さまざまなモダリティの画像に対応しており、医師の診断・治療をサポートする。

(2) 院外での利用を想定したセキュリティ機能
「ゼロフットプリント」と呼ばれる、画像や患者情報をサーバに保存し端末には保存しない仕組みを採用している。また、患者名や患者IDなどを匿名化する機能を搭載しているほか、VPNや電子証明書を用いて院外から安心してアクセスできる環境を提供している。

(3) 機種やOSを選ばず、さまざまな端末での利用が可能
スマートフォンやタブレットPCなどさまざまな端末で画像表示が可能で、検査画像の利用シーンが広がる。病室でベッドに横になったまま医師から手術結果の説明を受ける際にも、携帯端末上に表示された画像を閲覧することが可能となり、患者側にもメリットをもたらす。


【お問い合わせ先】
富士フイルムメディカル株式会社
営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033
http://fms.fujifilm.co.jp/