HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ、80列/160スライスCT『Aquilion PRIME』販売開始

[ 2013/04/04 ]
AquilionPRIME.jpg 東芝メディカルシステムズ株式会社は、高速・高精細・低被ばくを高い次元で実現しつつ、施設の設置スペースや電源などの環境に柔軟に対応できる80列検出器/160スライスCT『Aquilion PRIME』(アクイリオン プライム)の国内販売を4月3日より開始した。

現在国内の多くの施設が導入している64列/128スライスCTは、1mm未満のスライス厚での全身撮影、また心臓検査も可能な装置として使用されている。しかしながら、医療の進歩とともにこのクラスのCTに対して、さらなる撮影能力の向上、「高画質」「低被ばく」の実現、ワークフローの高速化が求められてきていた。このようなニーズに対し、CT検査一連のすべてにおいて、これまでの64列CTを凌駕する基本性能をもった80列/160スライスCT『Aquilion PRIME』を同社では2010年に発表した。さらに、この『Aquilion PRIME』を施設の設置環境に柔軟に対応できるようハードウェアを一新し、小型化と省エネルギー化を図り、64列/128スライスCTが主流の現在のCTハイエンドクラスの市場において、次のCTとして80列への置き換えを進めたいとしている。販売目標はグローバルでは初年度300台、日本国内では100台を見込んでいる。

【製品の特長】
1)0.5mmスライス×80列検出器 1回転0.35秒での高速撮影
『Aquilion PRIME』は80列検出器と1回転0.35秒スキャンにて、東芝独自の高精細0.5mmスライスにても高速撮影を実現。高速撮影と高精細撮影の両立は難しいとされてきたが、64列から80列への検出器多列化による1回転でのカバー範囲の向上、データのサンプリング精度を従来の約1.5倍に向上する80列検出器専用DAS(Data Acquisition System)により、全身領域で高い時間分解能を実現している。Aquilion 64列シリーズに比べると0.5mmスライスの高精細画像はそのままに、約2倍の速さで高速撮影が可能となる。

2)すべての人に被ばく低減への配慮
 高画質と低被ばくというトレードオフを解消させる東芝独自の低線量撮影技術「AIDR 3D」を標準搭載。撮影部位を選ばず、全身のCT検査に適用でき、画像ノイズで最大50%、被ばく線量で最大75%の低減効果(自社比)を発揮する。最新の再構成システムの開発により、AIDR 3Dを用いても最大60画像/秒の高速画像再構成を実現。さらにスキャンの計画からスキャンニング、画像処理プロセスにいたるまで、被ばく低減のためのさまざまなテクノロジを搭載し、すべての人に優しいCT検査を提供する。

3)高速ワークフロー
 患者のポジショニングがより簡単に行えるように、ガントリ開口径は、従来のAquilion 64列シリーズより60mm広い780mmのワイド・ボアを採用。また、撮影寝台には84mmの左右動機能の搭載ができる。さらにスキャン同時並行画像再構成により、バックグランドで処理しながら次の検査が行えるため、ワークフロー全体を高速化する。『Aquilion PRIME』の高速性能により、検査全体のスループット向上を実現している。

4)ガントリの小型化、省エネルギー化
 施設の設置環境に柔軟に対応できるようハードウェアすべてを一新し、ワイド・ボアでありながら、ガントリ内ユニットの小型化・レイアウト最適化を実施。同社従来比で、体積を34%、重量を28%削減したコンパクトな本体を実現し、検査室の最小設置スペース14.8m2 注1)を実現している。さらに電源容量を抑え、省エネルギー化を図っており、より多くの施設で導入しやすい設計となっている。

注1:実際は施設のCT室や運用形態に合わせて最適設置プラニングを実施。

photo1.jpg 同社社長の綱川智氏は、同社独自のCTの強みを生かして積極的にグローバル展開をしていきたいと語り、今後は、中国および新興国市場の発展に期待している。同社では、ブラジル工場設立をはじめ、トルコや韓国での現地法人化など、地産地消のグローバル体制を強化していくとしている。



【お問い合わせ】
東芝メディカルシステムズ株式会社
http://www.toshiba-medical.co.jp/