HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスメディカルシステムズ(株)、X-Suit NIR(エクスートニア)胆管用メタリックステント」発売開始

[ 2012/10/02 ]

内視鏡処置具の事業拡大を目指し
胆管用メタリックステントの国内市場へ参入
「X-Suit NIR(エクスートニア)胆管用メタリックステント」発売開始



オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、2012年10月1日より、「X-Suit NIR胆管用メタリックステント」を日本で発売する。本製品は Medinol LTD.(以下メディノール社、本社:イスラエル・テルアビブ市、CEO:Dr. Judith Richer)の協力のもと、胆道ドレナージ治療用として開発され、2009年3月より欧州、アジアの一部地域では販売をしていたが、このたび日本でも発売を開始するものである。

本製品は独自のメッシュ構造をもつ胆管用メタリックステントで、腫瘍などの圧迫によって狭くなった胆管内の胆汁の流れをよくするための治療に使われる。胆管の拡張や維持のために行うこの治療は、十二指腸内視鏡を用いて行われる。本製品は、内視鏡メーカとして初めて国内に導入する胆管用メタリックステントで、内視鏡挿入からステントの留置まで、一貫した使用感を提供する。

なお、本製品は 10月10日~13日、神戸国際展示場他で開催される「第2 回日本消化器関連学会週間(運営委員長:岩手医科大学 消化器・肝臓内科分野 鈴木 一幸 教授)」に出展する。

●主な特長
1. 独特のデザインで、優れた拡張力と柔軟性を両立したステント
太く大きな山型のワイヤと細く小さな山型のワイヤが交互に連結する独自のメッシュ構造「NIRflex Cell Design」を採用した。太く大きな山型のワイヤにより細くなった胆管が拡張され、細く小さな山型ワイヤによって柔軟性が発揮される。

2. 容易な挿入とステント留置を目指したデリバリーカテーテル
内視鏡下で胆管にステントを運ぶには、デリバリーカテーテルが必要である。胆管は十二指腸からV字形に曲がった位置にあり、アプローチの難しい臓器のため、ステントの留置は内視鏡とX線で位置を確認しながら行う。X線透視下での十二指腸乳頭への挿入性を高めるため、デリバリーカテーテル先端部とステントの両端部はX線を透過しにくい素材を使っているとともに、先端部は最適な円錐形状と硬さに設計されている。また、カテーテルは、内筒、中筒、外筒の3層構造になっており、カテーテルが曲がった状態でもステントによじれが発生せず、一定の力でステント留置が可能ある。

x-suit.jpg


【お問い合わせ先】
オリンパス株式会社
内視鏡お客様相談センター
TEL:0120-41-7149 FAX:03-6901-9547
http://www.olympusmedical.jp/