HOME > 新着ニュース

新着ニュース

多彩なアプリケーションで業務を効率化する医用画像処理ワークステーションVitrea販売 開始 東芝メディカルシステムズ(株)

[ 2012/10/01 ]
東芝メディカルシステムズ株式会社は、医用画像処理ワークステーション Vitrea(ヴィトリア)を実用機クラスCT用ワークステーションとして本日より販売開始する。
東芝医用画像処理ワークステーション Vitreaは「高度な医療画像処理ソフトウェアをやさしい操作性で」というコンセプトで当社のグループ会社Vital Images, Inc.(バイタル社)と共同開発した汎用画像診断装置ワークステーションである。Vitreaは一貫したワークフローで、画像データの観察から治療計画支援、レポート作成まで日々の診断業務をきめ細かくサポートする。


vitrea_01.jpg

【開発の背景】
同社は画像ソリューション事業を強化する主旨で、昨年6月に、10年以上に渡り良好な事業提携関係にあった米国のバイタル社を買収し、グローバルな事業戦略を構築してきた。バイタル社製品は品質に加え効率を追求する海外の臨床現場での評価は高く、グローバルスタンダードな臨床アプリケーションとして圧倒的な支持を得ている。

今回発売するVitreaは、国内CT市場で50%以上のシェアをもつ同社が蓄積してきたユーザの声を反映させ、日本語対応はもちろんのこと、画質調整に関わる機能を拡充し画像の表現力の向上が図られている。当社とバイタル社の技術融合で日本の医療現場のワークフローにフィットした画像ソリューションを提供する。


【製品の特長】
同社とバイタル社との長年に渡る共同開発により生まれた冠動脈解析、心機能解析などは、CT本体で定評のある臨床アプリケーションである。Vitreaでは、これらの高い評価を得ている数多くの臨床アプリケーションを搭載している。オンコロジー領域では「肺結節解析」「大腸解析」「肝臓区域・セグメンテーション解析」など、そして、治療計画支援領域では「ステントプランニング」「EPプランニング」などがラインナップされている。

●快適な操作ワークフロー
臨床における一般的な操作手順をパターン化し、ビジュアルでガイドするワークフローが、ストレスのない操作環境を実現する。
●豊富な臨床アプリケーション
循環器、脳神経、オンコロジーなど幅広い領域における臨床アプリケーションにより、診断から治療計画までを支援する豊富な機能で業務の効率化をサポートする。
●充実したレポート機能
見やすく分かりやすい診断レポートが、簡単に作成・保存でき、印刷並びにPACSへのエクスポートを容易に行うことができる。