HOME > 新着ニュース

新着ニュース

池上通信機(株)、3D表示タイプをラインナップに加えた医療用フルハイビジョン液晶カラーモニタMLWシリーズを新開発

[ 2012/10/05 ]

10bit画像処理・高画質、多機能
3D表示タイプをラインアップに加えた
医療用フルハイビジョン液晶カラーモニタMLWシリーズを新開発



池上通信機株式会社では、3D表示タイプをラインナップに加えた医療用フルハイビジョン液晶カラーモニタMLWシリーズを新開発した。医療分野を中心に積極的に販売を展開していく。
本シリーズは、3D表示タイプを2機種加え、23シリーズ、26シリーズとして生まれ変わった。院内の外来や手術室の無影灯手術システム・顕微鏡手術システム・内視鏡手術システムなど様々なシーンに柔軟に対応する。

MLW-2623C/2626C/2626C 3Dは、LEDバックライト液晶パネルを採用し、従来と比較して輝度12%アップ(同社比)、消費電力を20%削減(同社比)した。また筐体は通気孔の無い構造として医療用に適した外観にデザインを一新した。

26シリーズ(MLW-2626C/3226C)は、サイドバイサイドやピクチャーインピクチャーなどの表示が可能な2画面表示タイプ、10-bit液晶パネルと10-bit信号処理エンジンを搭載し、より滑らかで解像感のある映像を再現する。また、3G-SDIに対応しているため、より豊かな映像再現が行える。新たにラインナップした3D表示タイプ(MLW-2626C 3D/3226C 3D)は、より自然な奥行感が表現できるため手術の状況などを、よりリアルに再現する。また、シングル表示のタイプの23シリーズ(MLW-2623C)も用意している。
MLWシリーズは、上下/左右反転表示機能など多彩な機能を搭載し、汎用性と多機能を両立した高画質フルハイビジョン液晶カラーモニタ。

MLW%20series.jpg

【主な特長】
■上下/左右反転機能
上下/左右反転機能により、どのような位置で撮影した画像でも、常に正像での表示が行える。

■2画面表示機能(26シリーズ)
2画面表示機能を搭載。2種類の入力映像を2分割画面で同時に表示するサイドバイサイドと、親画面の中に子画面を表示するピクチャーインピクチャーでの画面表示が可能。1台のモニタで2画面を表示することで、医療現場での省スペース化、多様な運用に対応する。

■マルチ表示(26シリーズ)
マルチ表示の素材は、アナログ映像とハイビジョン映像、PC入力とSD/HD-SDIなど、自由な組合せでの2画面表示が可能。

■3D対応(MLW-2626C 3D/MLW-3226C 3D)
奥行きのある自然な3D映像を再現。手術状況などをよりリアルに表現する。

■新開発高輝度、高コントラストパネル採用
高輝度・高コントラストのパネルを採用。輝度変化や色変化を抑えた高品質な発色特性を誇る。さらに10bit信号処理エンジンを搭載し解像感のある映像を再現する。

■多彩な入力信号
入力信号:ハイビジョン信号(RGB, コンポーネント)、NTSC/PAL信号(コンポジット, Y/C)、PC入力(アナログRGB, デジタルDVI-D)、マルチSDI入力信号*に対応。*26シリーズは全機種対応。

■広視野角
IPS技術を採用した水平配向パネルにより、上下・左右178°の広視野角を実現。

■忠実な色再現
放送業務用モニタのガンマ特性に加え、医療用途に最適なガンマ特性など、任意に設定が可能。医療現場に求められる忠実な色を再現する。

■VESA マウントに対応
VESAマウントに対応。ワゴン台車への取り付けや、アーム、壁掛け、天井吊りなど、さまざまな環境への設置が可能。


【お問い合わせ先】
池上通信機株式会社 営業本部
メディカルソリューション営業部
TEL:03-5748-2271 FAX:03-5700-4120
http://www.ikegami.co.jp/