HOME > 新着ニュース

新着ニュース

創業30周年記念シンポジウムを開催  GEヘルスケア・ジャパン株式会社

[ 2012/10/24 ]
 GEヘルスケア・ジャパンは23日、東京国際フォーラムで創業30周年記念シンポジウム『産学官による医療のメイドインジャパンへの展望を探る』を開催した。

 開催挨拶に立ったGEヘルスケア・プレジデント兼CEO John Dineen 氏は、世界が直面する困難な課題に革新的なソリューションで挑戦していくという “ヘルシーマジネーション” を経営の柱とするGEグループは、日本で超高齢化社会という課題に対して成長のチャンスと位置づける “Silver to Gold” 、輝く未来に変えていくという戦略を展開していると説明。
 具体的にはアルツハイマー病のような慢性疾患の早期発見、総合医療や在宅医療などの充実を図り、またICTの活用で高効率で採算性の高い仕組み構築することで、日本の皆さんの生活向上に寄与したい、と語った。

%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%B3CEO.JPG


<基調講演1>
 直近10年間の医療機器生産額の伸び率が全国ダントツの1位である青森県の三村申吾知事
「青森から世界へ~次世代のヘルスケア地域モデルをめざして~」
%E4%B8%89%E6%9D%91%E7%9F%A5%E4%BA%8B.JPG

<基調講演2>
 日本と欧米諸国の創薬事情にも造詣の深いアストラゼネカ株式会社加藤益弘会長
「医療イノベーションをどう進めるべきか:医学の進歩を医療の現場へ」
%E5%8A%A0%E8%97%A4%E7%9B%8A%E5%BC%98.JPG


<パネルディスカッション>
 引き続き行われたパネルディスカッションでは、日本を代表するプライマリ・ケアの医師5名が登壇。
それぞれの立場から 「医療が患者さんに近づく~プライマリ・ケアへの期待と展望~」 を語り、
超高齢化社会に対応する医療のあり方について、示唆に富んだ意見が聞かれた。

%E5%85%A8%E6%99%AF%EF%BC%91.JPG

◆ファシリテーター:
川上 潤 氏 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 代表取締役社長 兼CEO
◆パネリスト:
・平方 眞 氏 愛和病院副院長
・林 恭弘 氏 祐ホームクリニック院長
・徳田 安春 氏
 筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター教授
・阪本 雄一郎 氏
 佐賀大学付属病院 救急医学講座 教授・救命救急センター長
・草場 鉄周 氏
 北海道家庭医療学センター理事長/日本プライマリ・ケア連合学会副理事長
※写真は左から掲載順


 質疑応答では、医学生から熱心な質問が寄せられ、“総合医”への関心が高いことに驚かされた。


 http://ameblo.jp/tete-news/entry-11388120761.html