HOME > 新着ニュース

新着ニュース

富士フイルム、デジタルX線画像診断装置『FUJIFILM DR CALNEO HC SQ』新発売

[ 2012/09/06 ]

DR方式(*1)「CALNEOシリーズ」最高画質の製品ラインアップを拡充!
17×17インチの幅広サイズで、体格の大きな被験者も効率よく撮影
デジタルX線画像診断装置 『FUJIFILM DR CALNEO HC SQ』新発売

デジタルX線画像診断装置『FUJIFILM DR CALNEO HC SQ』
デジタルX線画像診断装置
『FUJIFILM DR CALNEO HC SQ』
 
富士フイルム株式会社は、DR方式の「CALNEO(カルネオ)」シリーズにおいて最高画質と低線量での撮影を実現する「Premium CsIパネル」を採用した製品のラインナップを拡充する。体格の大きな被験者も効率よく1回の撮影で対応できる幅広サイズ(17×17インチ)のデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO HC SQ(以下、CALNEO HC SQ)」を、富士フイルムメディカルを通じて本日より発売する。

同社は平成21年9月より、独自の「ISS方式(*2)」の間接変換型FPD(*3)を採用したデジタルX線画像診断装置「CALNEO」シリーズを発売している。今年8月には、「ISS方式」の間接変換型FPDに、少ないX線量でも高感度かつ低ノイズで撮影が可能な専用チップ(*4)を搭載した「Premium CsIパネル」を開発し、「CALNEO」シリーズで最高画質を実現する世界最軽量(*5)の「CALNEO C mini wireless SQ」を発売した。X線の被ばく線量を大幅に低減しながら高画質な画像が得られると、医療現場から評価を得ている。

今回発売する、「CALNEO HC SQ」は、少ないX線量でもノイズを大幅に抑制できる専用チップを搭載した高感度な「Premium CsIパネル」により、粒状性が同社従来機種「FUJIFILM DR CALNEO C 1717 Wireless」よりさらに向上した。これにより、一般的な間接変換型FPDにおいて、世界トップレベルのDQE(量子検出効率(*6))を実現。さらに、従来の「CALNEOシリーズ」に比べて、全面耐荷重を約2倍高め、310kgまで耐えられる堅牢性も兼ね備えている。

「CALNEO HC SQ」のパネルサイズは17×17インチの幅広サイズのため、被験者の体格に合わせてカセッテの差し替えが必要なく、広い部位を一度に効率よく撮影することが可能。胸腹部や整形領域などさまざまな部位の撮影に利用できる。ハンドル付きで、立位装置・臥位撮影台への出し入れ(*7)や持ち運びがスムーズに行える。

また、新たに開発した高速通信インタフェイスにより、画像表示時間および次の撮影までの時間を同社従来機種より約2/3まで短縮(*8)した。X線照射から約1秒で画像制御端末へ画像を表示でき、また、約5秒で次の撮影を実施できるため、同一部位の連続撮影などにおいても作業効率を向上させることができる。


*1 Digital Radiographyの略。被写体を通過して照射されるX線エネルギーを電気信号に変換し、X線透過画像として再構成する方式。
*2 Irradiation Side Samplingの略。従来型のFPDと反対側のX線照射面側にセンサーを配置し、X線の照射面側より、X線から変換された光信号を読み取る当社独自方式。
*3 Flat Panel Detectorの略。被写体を通過して照射されるX線エネルギーを検出し、電気信号に変換する、X線画像平面検出器のこと。X線をいったん光信号に変換した後に電気信号に変える間接変換型(センサー:ヨウ化セシウムやガドリニウムオキシサルファイドを採用)とX線を直接、電気信号に変える直接変換型(センサー:アモルファスセレンを採用)がある。
*4 X線情報をセンシングする性能を高め、かつX線を低ノイズで検出することを可能とした電気回路。
*5 平成24年9月6日現在。一般用の間接変換型FPDにおいて。
*6 DQE(Detective Quantum Efficiency:量子検出効率)とは、X線情報を、検出システムがどの程度無駄なく捕捉して画像に役立たせているかの尺度。DQEが高いほど高画質な画像が得られ、低線量化が可能となる。「CALNEO HC SQ」ではDQE54%(1cycle/mm)を達成。
*7 CALNEO HC SQに対応した立位・臥位撮影台と組合せて利用できる。
*8 有線通信時に比較した場合。


【お問い合わせ先】
富士フイルムメディカル株式会社
マーケティング部
TEL:03-6419-8033
http://fms.fujifilm.co.jp/