HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパンがウィメンズ・ヘルスケアセミナーを開催

[ 2012/08/22 ]
GEヘルスケア・ジャパン(株)は、8月21日(火)赤坂にてウィメンズ・ヘルスケアセミナーを開催した。
同社は女性医療を重点分野のひとつと定め、長年にわたり製品提供や啓発キャンペーンなどを通じ貢献してきた。その取り組みの一環として、女性医療の各専門家によるメディアセミナーを継続的に開催していくという。

第1回となる今回は、転換期を迎えつつある産科医療における超音波診断について、市塚清健氏(昭和大学医学部産婦人科講師)による「高齢出産・少子化時代の妊婦を支える産科医療~超音波が繋ぐお腹の赤ちゃんと両親の絆~」をテーマにした講演が行われた。

まず、同社超音波本部長の多田荘一郎氏が挨拶に立った。日本における高齢化・少子化・医師不足などの問題に言及し、また震災時にポケットサイズの超音波機器を活用したエピソードを挙げ、「他の医療機器に比べ低侵襲で簡便、リアルタイムに診断できるといった超音波診断装置の特徴を生かし、特に周産期医療において安心安全に子供を生める環境整備に貢献していきたい」と話した。

続いて市塚氏の講演では、まず超音波診断機器の重要性を述べられた。それからわが国における周産期のデータがいくつか示されたが、特に出産年齢の高齢化が目を引いた。日本国内における母親の年齢別出生数の年次推移表では、1995年には約10%程度であった35歳以上の高齢出産が、2010年では25%に増加していた。昭和大学病院総合周産期母子医療センターにおいては、2011年には10人に1人が40歳以上の超高齢出産であった。
反面、ハイリスク妊娠が著しく増加していながらも周産期死亡率は減少しており、その理由は日本の突出した周産期医療の質の高さ、および医療費の低さによるものと考えられた。
超音波診断装置で胎児診断が行えるようになったことで、妊娠リスクの評価が可能になった。0歳児の死因の多くを占める先天奇形(心奇形含む)についても胎児期の治療が可能である。母親にとっても、あらかじめ胎児に疾病や奇形があることを確認できることでショックを和らげ、出産までに気持ちを立て直すことができるという。
また、特に胎動などを実感できない父親に、絆を深め、親としての自覚を促すことにもつながる。

そのほかに市塚氏は、超音波装置による妊婦健診のメリットとデメリットがほぼ表裏一体であること、また出産後に児の異常を告知する難しさを話され、超音波診断装置による出生前診断は医師のモチベーションを高めるのにも非常に有用であるとの実感も話された。

baby.jpg

最後に同社超音波本部の重政みのり氏が、Voluson E8 HD Liveの概要を話された。HD-Liveでは、従来の撮影方法と同様にもかかわらず、よりリアルに胎児を映し出すことができる。下のLight Sourceの臨床画像(妊娠初期胎児)は、ライトの照射方法の変更であるが、同じ3Dデータでありながら情報量の差は歴然である。このように、1つの3Dデータでも照射法を変えただけで多彩な画像が得られる。
遠隔診断支援システムが紹介され、第1回は盛況のうちに幕を閉じた。

baby2.JPG
tada.jpg
多田荘一郎氏

ichiduka.jpg
市塚清健氏

jikki.jpg
実機展示