HOME > 新着ニュース

新着ニュース

日立メディコ、最新の被ばく低減技術 Intelli IP (Advanced) を標準搭載した
64列/128スライスCT装置「SCENARIA」を発売

[ 2012/08/01 ]
SCENARI.JPG
株式会社日立メディコは、最新の被ばく低減技術「Intelli IP*1(Advanced)」(インテリ アイピー(アドバンス))を標準搭載した64列/128スライスCT装置「SCENARIA*1」(シナリア)を発売する。

1. システムの概要

X線CT装置「SCENARIA」(2010年発売)は、被検者に開放感を与えるOpen Design、高い操作性、高画質を実現する撮影技術を備え、2010年度グッドデザイン賞や第4回キッズデザイン賞TEPIA賞、第41回機械工業デザイン賞「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞。これらの特長はそのままに、昨今のX線被ばくに対する関心の高まりに応えるべく、最新の被ばく低減技術「Intelli IP(Advanced)」を標準搭載し、この度バージョンアップした64列/128スライスCT装置「SCENARIA」を発売するもの。また、今年度の診療報酬改定では、64列以上のマルチスライスCTの点数区分が新設されると同時に、大腸CT撮影加算も新設された。「SCENARIA」は、心臓CT撮影のスループット向上、および大腸CT撮影の読影サポート、歯顎CT撮影の解析サポートに効果的なアプリケーションも搭載している。

2. おもな特長

(1)低被ばくを実現する豊富なアプリケーション

Intelli IP(Iterative Processing)は、逐次近似法を応用した繰り返し処理により、低線量で撮影したデータのノイズを低減する技術。今般標準搭載するIntelli IP(Advanced)は、従来より厳密な統計学的モデルに基づいた処理を行うことにより、画像ノイズを最大56%低減*2することを実現した。なお、これまで標準搭載していたNormalモードは、短い演算処理時間で撮影したい場面に有効。また、撮影時の線量最適化アプリケーションIntelliEC*1(Exposure Control)は、同じ線量で広範囲を撮影した場合に不統一となる画像ノイズを一定にするために線量を撮影部位に合わせて自動調節するSD(Standard Deviation)モードに加え、組織間のコントラストと識別性に関する独自のデータベースを用いることで組織の視認性を一定にするCNR(Contrast to Noise Ratio)モードも標準搭載。CNRモードは、体格の小さな被検者など組織間のコントラストが高い場合に、線量低減が期待できる。

(2)心臓CT撮影のスループットを向上させるアプリケーション

撮影条件を被検者の心拍変動に合わせることと、心臓の心拍変動の強弱が少ない位相を探すことには時間がかかる。「SCENARIA」に搭載した「CardioConductor*1*3」は、息止め練習時の心拍数範囲を取得し、システムの推奨する撮影条件を自動設定する機能。また、心臓撮影後に心位相ごとに作成された画像から心臓全体の動きの量を抽出し、動きの少ない最適心位相で自動再構成する「CardioHarmony*1*3」を使用することで、従来多くの時間を要した最適心位相検索の時間を最短1分以内に短縮することが可能。これらにより、心臓CT撮影のスループット向上が期待される。

(3)大腸CTの読影をサポートする画像作成アプリケーション

今年度の診療報酬改定で、大腸に直腸用チューブで二酸化炭素を注入し下部消化管をCT撮影した上で三次元画像処理を行うと大腸CT撮影加算が新設された。腹部CT画像から大腸の仮想内視鏡画像や展開画像を作成する「CT Colonoscopy*3」を使用することにより、最短2クリックで大腸領域の抽出と経路算出、解析画像の表示ができる。形状解析フィルタによってひだ以外の突起物に色づけ表示。また大腸壁内全体を観察できる展開画像と重ね合わせて見ることで、医師の効率的な読影をサポートする。

(4)歯顎CTの解析をサポートする画像作成アプリケーション

歯列を中心に撮影された歯顎部画像からさまざまな画像を作成・表示することができる「Dental Analysis*3」使用することにより、術前検査時などに詳細な画像を確認することができる。

*1:SCENARIA、Intelli IP、IntelliEC、CardioConductor、CardioHarmonyは株式会社日立メディコの登録商標。
*2:低減率は従来再構成(Intelli IP=OFF)時とのSDを比較した結果。
*3:オプション機能。

3. 販売名称:全身用X線CT診断装置 SCENARIA (医療機器認証番号:221ABBZX00081000)

4. 定価 (標準構成) :13億円 (システム構成により価格は異なる)

【お問い合わせ】
株式会社日立メディコ CT・MRマーケティング本部 【担当:萩原、羽田野】
〒101-0021 東京都千代田区外神田四丁目14番1号秋葉原UDX18階
電話 03-3526-8305