HOME > 新着ニュース

新着ニュース

国内初、東芝&エレクタ 放射線治療研修センター内覧会および開所式

[ 2012/07/18 ]
東芝メディカルシステムズ株式会社(以下東芝メディカル)とElekta ABの日本法人であるエレクタ株式会社(以下エレクタ)は、東芝メディカル本社敷地内に「東芝&エレクタ 放射線治療研修センター」(Toshiba & Elekta Joint Radiation Therapy Training Center)を開設。さる7月16日に内覧会および開所式が開催された。

両社は2010年10月エレクタ社リニアックの国内における販売契約を締結し、国内市場に放射線治療の新たなソリューションを提供している。この度開設した研修センターは、エレクタ社のリニアックElekta Synergy(ガントリ部に装備した3次元CT画像の利用により、より正確な位置決めが可能となる、IMRTや定位照射(SRT)などの高精度な照射にに適した治療装置)と東芝のラージボアCT AquilionLBを同室に設置し、ユーザ環境にきわめて近い設備環境の中、実際に治療ビームを出力しながら研修することができる、国内初の施設である。

内覧会終了後のプレスカンファレンスでは東芝メディカル代表取締役社長・綱川智氏とエレクタ本社社長・CEOのTomas Puusepp氏が事業戦略について説明。つづく開所式では来賓に公益社団法人日本放射線腫瘍学会(JASTRO)理事長代理として専務理事・早川和重氏(北里大学病院副院長)、一般社団法人日本医学物理学会(JSMP)会長代理として副会長・松本政雄氏(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻准教授)、公益社団法人日本放射線技術学会放射線治療分科会長・奥村雅彦氏(近畿大学附属病院中央放射線部技術科長)、日本放射線治療専門放射線技師認定機構(RTT)理事長・渡邊良晴氏(日本福祉看護・診療放射線学院診療放射線学科副学科長)の各氏がそれぞれ祝辞を述べ、テープカットが行われた。

昨今のがん患者増加に伴い、がん周囲の臓器への影響を避けつつ病巣に効率よく照射を行う、高精度放射線治療への期待がいっそう高まってきている。一方、放射線治療では、さらなる安全性向上が求められており、各施設においては品質保証(QA)・品質管理(QC)が重要視されている。

そこで、放射線治療精度の向上と患者の医療安全確保のために、同施設では国内を手はじめに、アジア地域の医師や技師に最先端のリニアックと放射線治療計画システムをご紹介するほか、実機を用いた様々な研修プログラム提供を計画。また、システムを最良の状態で使ってもらうため東芝メディカル・エレクタ両社のサービスエンジニアやアプリケーションスペシャリストなどの社内研修も行う。

国内のユーザ向け研修については、システムを導入したユーザを対象とした装置取扱説明や測定ノウハウ、治療器QA/QC基礎などのプログラムを計画しており、8月からは一部のユーザへの試行を予定している。本格稼働は2013年4月以降の予定。

東芝&エレクタ 放射線治療研修センター施設概要

・延床面積:420平方メートル
・総工費:7億円(設備含む)
・最大収容人数:30人

DSC_0022.jpg
エレクタ社のリニアックElekta Synergy(左)と東芝のラージボアCT AquilionLB(右)を同室に設置

DSC_0034.jpg
DSC_0065.jpg
開所式(上)ならびにテープカットの様子(下)

DSC_0035.jpg DSC_0040.jpg
スピーチを行う東芝メディカルシステムズ代表取締役社長・綱川智氏(上)とエレクタ本社社長・CEOのTomas Puusepp氏(下)