HOME > 新着ニュース

新着ニュース

モリテックス、ショット製顕微鏡用LED 光源装置「KL 300 LED」、「KL 1600 LED」を発売

[ 2012/07/31 ]
モリテックスは、ショット製顕微鏡用LED 光源装置「KL 300 LED」、「KL 1600 LED」を発売、従来型顕微鏡照明比60~70%の高輝度化を実現した。

マシンビジョンと画像関連機器メーカーの株式会社モリテックス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:松岡昇、証券コード:7714)は、親会社であるショット(SCHOTT AG、本社:ドイツ マインツ 取締役会議長兼CEO : ウド・ウンゲホイヤー)が開発した顕微鏡用LED 光源装置「KL 300 LED」、「KL 1600 LED」を平成24年7月より発売する。両機種ともに、光ファイバライトガイドを取り付けて使用するタイプの光源装置である。

「KL 300 LED」は静音ファンレス構造の小型顕微鏡照明で、実体顕微鏡のアーム部分に取り付け可能な特徴を持っている。従来機「KL 200 LED」に比べ約60%の高輝度化を実現した。
「KL 1600 LED」は据え置き型の高出力タイプで、従来機「KL 1500 LED」に比べ約70%の高輝度化を実現し、150 ワットのハロゲン光源に匹敵する光量出力が可能である。
同社は、顕微鏡業界向けにこれらの高性能かつユニークな特徴を持つショット製LED 光源装置を紹介し、広く販売していく。 今回、同社が販売する顕微鏡用LED 光源装置「KL 300 LED」、「KL 1600 LED」は、それぞれ従来販売していた「KL 200 LED」、「KL 1500 LED」の後継機にあたり、両機種ともにLED 素子の変更と構成部品の見直しにより、従来機からの大幅な高輝度化を図った。
「KL 300 LED」は、省電力かつ50000 時間の長い寿命をもつ白色LED を搭載した、小型・ファンレスタイプの顕微鏡用LED 照明装置で、30 ワットハロゲンランプと同等の光量出力が可能となっている。実体顕微鏡のアーム部分に取り付け可能なユニークなデザインを採用している。
「KL 1600 LED」は、従来機「KL 1500 LED」で380 ルーメンであった光量を、650 ルーメンまで向上させた。これだけの高輝度化を図ったにもかかわらず、白色LED の寿命は「KL 1500 LED」と同等の50000 時間。コンパクトな据え置きのデザインで、スライド方式のフィルタホルダを採用していることから、カラーフィルタの取付が容易にできる。


■ 「KL 300 LED」の特徴
・多彩な照明形状が可能な光ファイバ光源装置
・30 ワットハロゲン光源装置相当の光量を実現
・小型据え置き機として、もしくは実体顕微鏡のアーム部分に取り付けて使用
・電源スイッチと光量調整つまみの簡単操作
・振動・騒音の生じない冷却フィンによる自然空冷構造
・幅(W) 107 × 長さ(D)114 × 高さ(H)61mm、重量約350g の小型・軽量設計
Photo_KL300LED.jpg
< 「KL 300 LED」製品写真>

■ 「KL 1600 LED」の特徴
・多彩な照明形状が可能な光ファイバ光源装置
・150 ワットハロゲン光源装置相当の光量を実現(650 ルーメン(9mmφファイバ使用時))
・接地面積の小さいコンパクト設計(幅(W) 231 × 長さ(D)114 × 高さ(H)137mm)
・電源スイッチと光量調整つまみの簡単操作
・低騒音ファンを用いた静音設計
・フィルタの取付が簡単なスライド式フィルタホルダ採用
Photo_KL1600LED.jpg
< 「KL 1600 LED」製品写真>

■ 定価 : 「KL 300 LED」 、「KL 1600 LED」 ともにオープン価格
■ 販売目標 : 発売開始後1年で両機種合わせ500 台
※本製品の発売による平成24年9月期業績に与える影響は織り込み済み。

【お問い合わせ】 株式会社モリテックス 管理統括本部 広報グループ
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-39-11 サニービル池袋
TEL.03-6367-3624 FAX.03-3590-6617