HOME > 新着ニュース

新着ニュース

Cook Japan 大腿・膝窩動脈領域における末梢動脈疾患(PAD)を治すためのデバイスメディア発表会を開催

[ 2012/07/13 ]
米国Cook Medical社の日本法人Cook Japan株式会社はさる7月12日、東京・コンファレンススクエア エムプラスにおいて、大腿・膝窩動脈領域における末梢動脈疾患(PAD)を治すためのデバイス「Zilver PTX薬剤溶出型末梢血管用ステント」の発売を迎えるにあたり、同製品の画期性および日本の医療や患者に与えるインパクトについてメディア発表会を開催した。

P1020265.JPG P1020280.JPG P1020289.JPG P1020299.JPG
左より同社副社長・PI事業部長・浅見光雄氏、Cook Medical社本社PI事業部国際事業部長・Rob Lyles氏、同社代表取締役・矢込和彦氏、東京慈恵会医科大学外科学講座統括責任者・血管外科教授・診療部長の大木隆生氏。

PADは、下肢の血管を含む末梢血管が、動脈硬化により狭窄または閉塞することにより虚血を引き起こす疾患の総称。生活習慣病の方や高齢者に発症率が高く、世界で毎年3,000万人以上の方が発症しているといわれている。

日本においては、国内で実施される治験数が減少傾向にあるといわれ、また「デバイスラグ」などが問題視されている。そんななか、同社は日本の医師に望まれている製品をいちはやく導入し、日本の患者に届けられるよう、日本での治験に積極的に投資してきた。今回の新製品は、日本を含めた国際共同治験の後、同分野で初となる日米同時申請、欧州をはじめとする各国での承認に続き、米国に先がけて日本での承認取得という「逆デバイスラグ」ともいえる現象を実現し、まもなくの保険収載を予定している。

今回の発表会では冒頭に同社副社長・PI事業部長・浅見光雄氏による挨拶の後、同社代表取締役・矢込和彦氏による同社沿革と今後の展望、そしてCook Medical社本社PI事業部国際事業部長・Rob Lyles氏が「Zilver PTX」開発の背景について説明。そして東京慈恵会医科大学外科学講座統括責任者・血管外科教授・診療部長の大木隆生氏が国際共同治験によるデバイス問題の解消、さらに医療機器の「治験立国」をめざした日本の産官学の最新の取り組み、さらに新製品が日本のPAD治療や患者に与えるインパクトを解説した。