HOME > 新着ニュース

新着ニュース

フィリップス、最先端のTime-of-Flight テクノロジー「Astonish TF」搭載の 新型PET/CT 装置「TruFlight Select PET/CT」を発売

[ 2012/06/25 ]
Philips_TruFlight%20Select%20PET%20CT.jpg
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは6 月25 日より、海外フィリップスが独自に開 発したプレミアムTime-of-Flight(以下ToF)テクノロジー「Astonish TF(アストニッシュ・ティーエフ)」を搭載した新型PET/CT 装置「TruFlight Select PET/CT(トゥルーフライト・セレクト・ペットシーティー)」の販売を、株式会社日立メディコ(本社:東京都千代田区、執行役社長:北野 昌宏)を通じて開始することを発表した。

「TruFlight Select PET/CT」は、フィリップスのPET/CT 装置「GEMINI」シリーズ*2 の4 機種目となる最新機種で、最大の特長は、コストパフォーマンスに優れより幅広いユーザをターゲットとしていながら、フィリップスの最新ハイエンドPET/CT、PET/MR 装置に搭載されている画期的な最先端ToF テクノロジー「Astonish TF」を搭載し、高画質と低被ばく、高速撮影を実現していること。

フィリップスは、2006 年に世界初のToF テクノロジーを搭載したPET/CT 装置を発表して以降、現在までに全世界で累計300 台以上のToF 搭載型PET/CT 装置を出荷し国内外で高い評価を得るなど、ToF テクノロジーの進化をリードしてきた。現在、日本国内でも400 台を超えるPET、PET/CT 装置が稼働していますが、より低被ばく、低ノイズ/高画質で、スループットの高いシステムへの要求が高まっていた。このようなニーズを受け、フィリップスのToF テクノロジーは、既存のToF テクノロジーの中で最速の495ps の時間分解能を有する「Astonish TF」へと進化を遂げた。

*1 Time-of-Flight テクノロジーは、検出された同時計数線の両サイドに到達した「時間差」を計測することでイベントの発生場所をある程度絞り込むことができ、発生源と考えられない場所に余分な信号がなくなるため、バックグランドノイズが大幅に減少し、高画質を実現することができる。
*2「GEMINI TF 16 PET/CT」、「GEMINI TF 64 PET/CT」、「GEMINI TF Big Bore PET/CT」

「TruFlight Select PET/CT」の希望販売価格は10 億円~で(税込、仕様により異なる)、国内初年度の販売目標台数は約10 台を見込んでいる。

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 代表取締役社長 ダニー・リスバーグは次のように述べている。「今回の『TruFlight Select PET/CT』への『Astonish TF』テクノロジー搭載により、ToF テクノロジーのパイオニアであるフィリップスは、自社が提供するすべてのPET/CT、PET/MR 装置にToF を搭載することになります。『TruFlight Select PET/CT』は経済性にも優れますので、より幅広いお客様に高画質の画像と低被ばくの検査を提供することが可能となります」

「TruFlight Select PET/CT」のおもな特長

高画質
・ 「Astonish TF」テクノロジーにより、従来のNon-ToF 画像に比べ、最大30%のコントラスト分解能が向上。呼吸同期を組み合わせた4D-ToF では、最大50%のコントラスト分解能の向上を実現。
・ LYSO クリスタル検出器を用いたToF テクノロジーでは、495 ピコ秒の時間分解能を有し、高いS/N(シグナル/ノイズ)比を実現。

低被ばく
・ 「Astonish TF」テクノロジーにより、Non-ToF 装置に比べ最大5 倍の感度*3 を有するため、放射性同位元素の投与量低減に寄与。

高スループット
・ 「Astonish TF」テクノロジーにより、従来装置と比較して約半分の時間で検査が可能。
・ QC(クオリティ・コントロール)ワークフロー、システム起動/シャットダウン、位置合わせQC などの業務の効率化。
・ 組み合わせて使用される解析ワークステーション「EBW NM」、サーバー型解析ワークステーション「IntelliSpace Portal」では、PET 装置、CT 装置、SPECT 装置などの画像を同一プラットフォーム上で処理でき、操作性が向上。

*3 体格によっては5 倍の感度を実現。通常の体格では約2 倍。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561
【製品に関するお問い合わせ】
株式会社日立メディコ 核医学製品営業部 TEL: 03-3526-8340