HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン、高度化する低侵襲のインターベンションを3D画像と専用アプリできめ細かに支援するバイプレーン型アンギオ装置「InnovaIGS630」・「InnovaIGS620」を発売

[ 2012/06/15 ]
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は6月15日、1度のX線照射で2方向の画像を同時に観察できるバイプレーン型の多目的X線撮影装置(血管X線撮影装置:アンギオグラフィーシステム)「InnovaIGS630(イノーバ・アイジーエス630)」と「InnovaIGS620(イノーバ・アイジーエス620)」を、先進の血管内治療を施行する大学病院や地域基幹病院を主対象に発売した。これにより、高度化する低侵襲の脳血管内治療や不整脈治療をきめ細かに支援する新たなソリューションを提供する。

世界に先がけて進む日本の高齢化や患者のQOL(Quality of life)に対する意識の高まりなどを背景に、X線透視画像を見ながら血管や腫瘍などを治療するインターベンション(IVR)は、外科手術に比べて侵襲の少ない患者に優しい治療法として過去数年間にわたり着実に伸びている。また最近では、慢性完全閉塞(CTO)や従来開胸・開腹術を必要とした胸部・腹部の大動脈瘤に対するステントグラフト術が可能になるなど、IVRの複雑化・高度化が飛躍的に進んでいる。

なかでもIVRが重要な役割を果たしているのが頭蓋内のステント留置術と、心房細動などの不整脈に対するカテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)治療。三大死因の1つである脳血管疾患につながる可能性のある頭蓋内動脈狭窄症の治療は従来、薬剤投与を中心とした内科的治療やバイパス術などの外科手術が一般的だったが、近年頭蓋内の微細血管にも対応する極細のステントが開発され、新たに本年4月から保険適用となった。また不整脈治療は近年では、成功率が高く安全性にも優れたカテーテル・アブレーション治療の普及が進んでおり、また本年4月からは保険点数も加算になるなど現在、被ばくや身体への負担が少ない低侵襲のインターベンションの普及に向けた取り組みが国全体で加速されている。

IVRが複雑高度化する中、この低侵襲治療を支援する血管X線撮影装置の果たす役割はますます拡大してきており、精度の高い治療を施すための多様かつ質の高いサポートが一段と求められている。特に異なる2方向のX線透視画像を映し出せるバイプレーン型装置は、Cアーム1つのシングルプレーン型に比べて複雑な手技をより安全に施行できることから、その重要性は今後ますますと高まると見込まれている。

脳血管内治療・不整脈治療などますます高度化するIVRのニーズに応えるため、2D(次元)のX線透視画像に形態情報の描出に優れるCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)などの3D画像を重ね合わせる機能や精密な画像撮影機能、ならびに各治療専用のアプリケーションを搭載し、治療計画から実際の手技までの全IVR工程において一段と的確なサポートをめざしたのが、今回発売するInnova IGS(Image Guided System)シリーズの2機種「InnovaIGS630」と「InnovaIGS620」である。

InnovaIGS630は30cm x 30cmのフラットパネル型デジタルディテクタ(以下FPD)を搭載した脳血管専用装置で現行のInnova 3131IQの後継機種、InnovaIGS620は20cm x 20cmのFPDを搭載した冠動脈・頸部・下肢など循環器専用装置でInnova 2121IQの後継機種。InnovaIGS630はステント留置術、InnovaIGS620はアブレーション治療の一段と的確なサポートに貢献すると期待されている。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
松井亜起
Tel:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com