HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・ジャパン 増え続ける心臓突然死の予知につながる新たなソリューションを提供

[ 2012/05/30 ]
GE_SEER12.jpg
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は6月1日、心臓突然死の発生リスクの予測精度を高めたホルターレコーダー(携帯型心電図記録器)「SEER12(シーアジュウニ)」を発売、増え続ける心臓突然死の予知につながる新たなソリューションを提供する。

心臓突然死は心臓病に起因する予期していない突然の病死のことで、急性症状が起こってから1時間以内の短時間で死亡することが多いため「瞬間死」ともいわれる。心臓突然死による死亡者数は世界全体では年間約100万人、日本では年間約6万人とも言われ(交通事故死数は年間4,612人)、増加の一途をたどっている。

心臓突然死の発生リスクの予測に高い有用性を誇るのがホルター心電図検査。ホルターレコーダーは夜間睡眠中を含めた日常生活中の心電図データを長時間にわたって記録する携帯型の心電図記録器で、朝晩の比較的心身安静時に出やすい一過性の不整脈や日中活動時に起こりやすい虚血性心疾患など、院内で実施する短時間の心電図検査では捉えきれない症状の検出に広く活用されている。心臓突然死は心室細動と呼ばれる重度の不整脈が原因で発症するケースが大半を占めるが、T波オルタナンス(TWA)やハートレート タービュランス(HRT)といったホルター心電図検査で解析可能な不整脈を示す波形と心臓突然死発生の相関メカニズムが昨今解明され、現在ではその発生リスクが予測可能となっている。

これらの実績を受け、本年4月の診療報酬改定では一定の条件下におけるT波オルタナンス検査に新規点数が加算されるなど現在、心電図データを活用して高い水準にある心臓突然死を減らすための取り組みが国全体で推進されている。このためホルター心電図検査の重要性は今後ますます高まると見込まれており、特に予測精度向上につながる詳細なデータを記録できる装置の開発が望まれていた。

今回発売するSEER12は同社のホルターレコーダー「SEER」ブランドの最上位機種で、一般的な心電図と同じ12誘導心電図の記録機能を有しながら、同心電図対応装置としては国内最小・最軽量ボディを実現し、予測精度を高める高機能化と検査時の患者負担を軽減する小型軽量化を両立させた装置。患者の快適性を維持しながら、一段と精細な長時間心電図解析が可能になるため、心臓突然死発生リスクの予測精度の向上のほか、その他の心疾患の診断や治療方針、治療の効果測定に貢献すると期待されている。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)コミュニケーション本部
松井亜起
Tel:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com