HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東陽テクニカ フィルムレスセミナーのご案内

[ 2012/04/16 ]
医用画像通信規格DICOMはめざましい普及を遂げ、院内情報のデジタル化は今や避けて通れないものになっている。診療報酬改定に伴いますますソフトコピー診断の流れが強まるなか、フィルムレス環境構築に頭を悩ませている施設に好評の同社セミナーも今回で27回目を迎え、フィルムレス環境構築の際に特に問題となりやすい医用画像表示モニタの精度管理、マンモグラフィ分野、整形分野に焦点を当て、中立的な立場から、日々進化するシステムの最新情報をご紹介する。

                             記

・日時:2012年6月16日(土)[仙台]13:00~17:00
     2012年6月30日(土)[札幌]13:00~17:00
・場所:[仙台]TKP仙台カンファレンスセンター(仙台市青葉区)
     [札幌]ACU(アキュ)アスティ45内(札幌市中央区)
・参加費:無料
・申し込み方法:5月中旬頃、東陽テクニカホームページ内にて同セミナー専用のお申し込みフォーマットより受付を開始します。必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
URL:http://www.toyo.co.jp/graphic/
*病院様対象セミナーのため、恐れ入りますが企業様からのお申し込みはご遠慮いただいております。
・参加者定員:40名
・セミナー内容(仮):医用画像表示モニタ選定の注意点―精度管理の必要性
            整形外科フィルムレス化の現状―問題点と成功実例
            マンモグラフィ・モニタ診断の基礎―現状と運用実例
            病院画像ネットワーク構築の注意点―DICOMビューアの視点から
            製品デモンストレーション