HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア、Flutemetamolの第III相臨床試験結果速報を公表

[ 2012/04/17 ]
GEヘルスケアは4月11日、同社が開発を進めるPET(陽電子断層撮影装置)検査用放射性薬剤「18F-Flutemetamol(フルテメタモール)」の2つの第III相臨床試験がともに主要評価項目を達成したとの速報を発表した。18F-Flutemetamolは、GEヘルスケアが開発中のß(ベータ)アミロイド検出用薬剤。

1つめの研究では、脳剖検に同意した末期患者においてFlutemetamolのPETイメージングとアルツハイマー病に伴うßアミロイドの病理組織生検の結果との間に強い一致が認められた。2つめの研究では、40歳未満の若年健常者層に脳内のアミロイド蓄積はないという既知情報との一致が示された。これらの研究の最終結果は今後数カ月以内に公表される予定。

米フロリダ州フォートローダーデールにあるノバサウスイースタン大学の神経学担当臨床学教授のカール・サドウスキー博士は、「他の診断検査と組み合わせて脳内のアミロイド蓄積を検出・除外できるようになると、アルツハイマー病や他の認知症の疑いがある患者の診断精度向上につながる可能性があります。この点で、これらの研究結果はFlutemetamolの有用性を示す価値あるものといえます。正確な診断が患者管理の質を高め、かつコスト削減にもつながる可能性があるため、高精度の診断とより的確な治療が必要とされています」とコメントしている。

脳内のßアミロイドの蓄積はアルツハイマー病の神経細胞変性に至る大きな要因となっている可能性が高く、同疾病の発症に関係する病理的特徴の1つとなっている。アルツハイマー病はこれまで、死後脳サンプルにおいてßアミロイド斑をはじめとする主要特徴が病理確認されることで、確定診断されてきた病気だ*1。そのため現在では、脳内イメージングが生存中の人間のアミロイド蓄積の検出に役立つかどうかの研究が進められている。

GEヘルスケアのメディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)事業 MI(分子イメージング)PETセグメントリーダーを務めるジョナサン・アリスは、「Flutemetamolはアルツハイマー病の可能性もある認知障害患者に対して行う多様な精密検査において、神経内科医が用いる臨床価値の高い薬剤の1つとなる可能性を秘めています。今回の研究は18F-Flutemetamolの承認申請をサポートするものであり、当社では今年中に同薬剤の申請を予定しています」と語った。

GEヘルスケアはアルツハイマー病の原因・リスク・身体的影響の解明に向けた研究を進めるなど、同疾病の理解に多角的なアプローチを講じており、18F-Flutemetamolはアルツハイマー病の分野で現在開発に取り組んでいる幅広い診断ソリューションの1つ。一例をあげると、GEヘルスケアは現在、製薬企業と組み、アルツハイマー病の発症前診断に役立つ可能性のあるバイオシグナチャー(バイオマーカー)の特定に取り組んでいる。

GEヘルスケアは現在、神経変性疾患の病状の正確な視覚化に役立つ多彩なイメージング用製品を提供している。MRI(磁気共鳴断層撮影装置)やPET、コンピューター断層撮影装置(CT)など、脳内をクリアに描出する先進の画像診断装置に加えて、病変部をより精緻に画像化するイメージング用薬剤の開発を進めているほか、医師の画像解析や疾患管理を支援する先進的なソフトウェアも拡充している。また、放射性同位元素を容易に製造するサイクロトロン(加速器)、この放射性同位元素を人体に投与可能な薬剤に合成する装置(放射性医薬品合成設備)、ならびに撮影した画像の解析ソフトなども提供している。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
松井亜起
Tel:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com