HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア アルツハイマー病克服に向けた研究開発を強化

[ 2012/04/11 ]
GEヘルスケアは、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の克服に向けた研究活動を強化する。 同社のメディカル・ダイアグノスティクス(体内診断薬)事業部門はこのほど、東北大学発ベンチャー企業のクリノ株式会社と、アルツハイマー病患者などの脳内に蓄積する「タウ」タンパク質を描出する診断薬の開発に向けた共同研究契約を締結。今後、アルツハイマー病の診断・治療における研究開発で世界をリードする東北大学の研究チームと共同で、タウに結合するPET(陽電子断層撮影装置)検査用の放射性薬剤の研究開発を進める。同薬剤の脳内集積をPET検査で画像化することで、タウ蓄積にもとづくアルツハイマー病の確定診断実現につなげることをめざす。

クリノの取締役イメージング事業部長を務める東北大学未来医工学治療開発センターの工藤幸司教授は、「タウ検査用放射性薬剤の開発には幾つかのハードルがありますが、世界に冠たるGEとの共同研究により同薬剤のさらなる進化体への到達と、併せて臨床試験ないしは治験への速やかなる橋渡しを期待しています」と、今回の共同研究の意義を語った。

また、国内のアルツハイマー病研究の第一人者であり、世界で初めて脳脊髄液からのタウ検出に成功し、サロゲートバイオマーカーとしての意義を唱えた1人である同大学加齢医学研究所の荒井啓行教授は、「現在、アミロイドをPETで画像化する研究成果が蓄積されつつありますが、アミロイドPETイメージングで陽性を示した健常者に、タウPETイメージングを追加することによりアルツハイマー病へ移行するリスクが高い人を抽出し、『超早期のアルツハイマー病』として発症前に予防介入に繋げることができると考えられます」とアルツハイマー病診断におけるタウイメージングの重要性について述べている。

2010年の世界の推定アルツハイマー病患者数は約3,560万人で、2050年には1億1,540万人と3倍以上に増えると予測されている*1。また国内の患者数は、世界に先駆けて進む超高齢化などに伴い、2010年の約200万人から2020年には325万人まで増加すると見込まれている*2。同疾病は脳内にタンパク質の一種であるß(ベータ)アミロイドやタウが蓄積することで引き起こされるとみられており、ßアミロイドは発症の30年前、タウは10年以上前から脳内蓄積が始まると考えられている。

GEヘルスケアはßアミロイド検出用PET薬剤としてすでに、米ピッツバーグ大学で開発され2003年に同社が同大学から独占的権利を取得した「11C-PIB」の技術を世界的に提供している。また、半減期が20分の11C-PIB に比べて5倍以上の110分となる18F-Flutemetamolの開発を進めている。これらの薬剤でßアミロイドを捕捉することで、アルツハイマー病の超早期診断につながると見込まれている。加えて、今回のクリノとの共同研究でタウ蓄積を捕捉する薬剤が特定されると、アルツハイマー病の重症度診断が可能になるほか、製薬企業・研究機関によるタウを標的とした分子レベルの治療薬の開発促進につながると見込まれている。

【お問い合わせ】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部 松井亜起
Tel:0120-202-021
Mail:aki.matsui@ge.com